「3GPP」の版間の差分

プロジェクトに参加する各標準化団体は、3GPPが作成した技術仕様をそれぞれの国・地域の標準規格として制定する。[[国際電気通信連合|ITU]]の[[IMT-2000]]に関する勧告(ITU-R勧告 M.1457、ITU-T勧告 Q.1741)は各国・各地域の標準規格のドキュメントを参照しており、これによって3GPP仕様は国際標準規格として位置づけられている。
 
リリース5には[[W-CDMA]]の上位規格である[[HSDPA]]の技術仕様が、リリース6は[[HSPA]]や無線インタフェースのアップリンクを強化した[[E-DCH]]の技術仕様が含まれている。リリース7はHSPA+を含む。リリース8はDC-HSDPAや[[Long Term Evolution|LTE]]を含み、リリース9はほぼLTEであり、リリース10はLTE Adavancedを含む。
 
== FOMAとの互換性 ==
65

回編集