「インスマス」の版間の差分

編集の要約なし
(脚注を追加)
'''インスマス''' ('''Innsmouth''') (インズマス/インスマウスとも)は、[[ハワード・フィリップス・ラヴクラフト]]などの作品に登場する架空の都市。作品中では、[[アメリカ合衆国]][[マサチューセッツ州]]エセックス郡に属す港町であり、[[アーカム]]から[[ニューベリーポート]]に向かう街道の途中に位置する、とされている。交通手段は[[バス (交通機関)|バス]]のみで[[鉄道]]は廃止されている。ラヴクラフトの複数の作品に登場するほか、他の作家によって書かれた[[クトゥルフ神話]]作品にも多く登場する。
 
[[1643年]]に建設され、漁業、海運、金の精錬などの産業によって大いに栄えていたが、[[1848年]]の謎の[[伝染病]]で、一夜にして住民の半数以上が死亡。漁場の荒廃なども重なり[[1920年代]]までに衰退した。近隣の[[アーカム]]の住民を含め、訪れる者は稀である<ref>ラブクラフト全集3「戸口にあらわれたもの」p.111</ref>。またインスマスを訪れ行方不明となる商人や役人も後をたたない<ref>ラヴクラフト全集1「インスマウスの影」p.23</ref>。[[1927年]]、[[アメリカ合衆国|合衆国]]政府による「密造酒の取り締まり」だとされる住民一斉検挙が行われ、更に荒廃が進み、半ば[[ゴーストタウン]]化している。約1マイル半沖には'''悪魔の岩礁'''と呼ばれる岩礁があり、一斉検挙の際に何故かこの岩礁に向かって[[アメリカ海軍|海軍]]の[[潜水艦]]から[[魚雷]]が打ち込まれた<ref>ラヴクラフト全集1「インスマウスの影」p.11</ref>。岩礁に[[爆雷]]が投下されたとする作品もある。
 
この町の住民は蛙に似た独特の容貌を持ち、周辺の住民から忌み嫌われている。これを通称インスマス面(インスマスづら)という。
917

回編集