「シルニジピン」の版間の差分

== 特徴 ==
* シルニジピンは基礎実験(ラット)において、[[交感神経]]活性を抑制し血中[[カテコラミン]]を低下させ、[[レニン]]・[[アンジオテンシン]]系も抑制する。<ref>Konda T, et al. Biol Bull 2006; 29: 933-937</ref>
* [[糖尿病]]合併高血圧患者の血圧を低下させると同時に血清尿酸値も低下させた。<ref>永濱 忍. 診療と新薬 2009; 46: 473-91</ref><ref>番戸 行弘. Prog Med 2008;28: 1013-7</ref>
* シルニジピンによりヒト高血圧患者において、尿中[[アルブミン]]排泄が低下した。<ref>Katayama K, et al. Kidney Int 2006; 70: 151-156</ref>
* CARTER試験において[[アムロジピン]]に比べ、蛋白尿を軽快させた。<ref>http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jsn2008/200806/506689.html</ref>