「テート・ブリテン」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: zh:泰特不列顛)
編集の要約なし
[[Image:Sir John Everett Millais 003.jpg|thumb|250px|ジョン・エヴァレット・ミレーによる『オフィーリア』]]
[[Image:JWW TheLadyOfShallot 1888.jpg|thumb|250px|ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスによる『シャーロットの女』]]
'''テート・ブリテン'''(Tate Britain)は[[イギリス]]・[[ロンドン]]の[[テムズ川]]畔、ミルバンク地区にある国立[[美術館]]。[[テート・モダン]]などの美術館とともに、国立美術館ネットワーク「'''[[テート・ギャラリー|テート]]'''」の一部をなしている。建物は[[1897年]]にミルバンク監獄の跡地に建設されたもので、20世紀末までは「'''テート・ギャラリー'''」という名のイギリス美術および世界の近代・現代美術の美術館だった。近現代美術専用の分館テート・モダンが[[2000年]]に開館した後、イギリス美術専門の美術館に組織換えされ、大改修の上[[2001年]]に「テート・ブリテン」と名称を変え再開館した
 
== 歴史 ==
建物は[[1897年]]にミルバンク監獄の跡地に建設されたもので、20世紀末までは「'''テート・ギャラリー'''」という名のイギリス美術および世界の近代・現代美術の美術館だった。近現代美術専用の分館テート・モダンが[[2000年]]に開館した後、イギリス美術専門の美術館に組織換えされ、大改修の上[[2001年]]に「テート・ブリテン」と名称を変え再開館した。
 
テート・ブリテンは、[[1500年代]]の[[テューダー朝]]美術以降、現代に至るまでの、絵画を中心としたイギリス美術を時代順に展示している。[[ウィリアム・ブレイク]]、[[ジョン・コンスタブル]]、[[トマス・ゲインズバラ]]、[[ウィリアム・ホガース]]、[[ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ]]ほか[[ラファエル前派]]の作品が揃っている。テートの所蔵品の中で特に有名な作品は、[[ジョン・エヴァレット・ミレー]]による『オフィーリア』や[[ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス]]による『シャーロットの女』である。また、[[ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー|ターナー]]の寄贈した初期から晩年までの充実した作品群は、専用のウイングであるクロア・ギャラリーに常設展示されている。20世紀半ば以降の[[デイヴィッド・ホックニー]]、[[ピーター・ブレイク]]、[[フランシス・ベーコン (芸術家)|フランシス・ベーコン]]などや、現代の[[トレイシー・エミン]]にいたるまで、幅広い年代のイギリス人美術家の作品もが常設展示されている。
174

回編集