「自転車競技法」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''自転車競技法'''('''じてんしゃきょうぎほう''';[[昭和23年]][[8月1日]]法律第209号)は、[[日本]]において[[競輪]]の開催、[[自転車競走]]、開催回数、入場料、[[投票券 (公営競技)|勝投票券]]、勝投票法、払戻金等など競輪に関する一切を定める[[法律]]である。
 
ただし、詳細は関連する法律や[[省令]]などによって定めるものが多い。
==小型自動車競走法で定められている事柄==
*[[日本自転車振興会]]や各[[地方公共団体]](ただし条件あり)が競輪を行うことが出来る。
*日本自転車振興会以外が、勝投票券を発売し、オートレース競輪で行ってはならない。
*勝投票券は10円単位で発売し、10枚(100円単位)以上を1枚として発売することができる。
*勝投票法は[[投票券 (公営競技)#単勝式|単勝式]]、[[投票券 (公営競技)#複勝式|複勝式]]、[[投票券 (公営競技)#連勝単式|連勝単式]]、[[投票券 (公営競技)#連勝複式|連勝複式]]、[[投票券 (公営競技)#重勝式|重勝式]](※1)
*未成年者は勝投票券の購入および譲り受けができない。
 
(※)
匿名利用者