「キケ・サンチェス・フローレス」の版間の差分

編集の要約なし
 
;バレンシア
ヘタフェでの手腕を買われ、2005-06シーズンより古巣バレンシアの監督に就任。就任初年度からリーグ戦を3位で終え、[[UEFAチャンピオンズリーグ|チャンピオンズリーグ(CL)]]の出場権を確保した。翌2006-07シーズンは多くの怪我人を抱えながらも、国内リーグでCL出場圏内の4位確保に成功。CLでは[[ASローマ]]を抑えてグループリーグを首位通過すると、決勝トーナメント1回戦で[[インテルナツィオナーレ・ミラノ|インテル]]を撃破。準々決勝で[[チェルシーFC]]に敗れたものの、ベスト8の成績を残した。3年目のシーズンは開幕戦で敗れ黒星を喫すなど低迷し、第9節の[[セビージャFC]]戦に0-3で敗れた後に解任された。
 
;ベンフィカ
半年あまりの浪人期間を経て、2008-09シーズンには、[[ホセ・アントニオ・カマーチョ]]の後任として[[ベンフィカ]]の監督に就任した。<ref>[http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/portgul/2395506/2963340 ベンフィカの[[マヌエル キケルイ・コフローレ氏の監督就任を発表]]SDが招聘に積極的に動いたようである</ref>開幕前には[[ホセ・アントニオ・レジェス]]や[[パブロ・アイマール]]を獲得するなど、プレシーズンにきな動き型補強見せ敢行した。リーグ戦では年を越すまで無敗を続けたものの、次第後半成績を落とし、失速。最終順位は3位でシーズンのCL出場権終え逃した。また、[[UEFAカップ]]振るわず、グループリーグ最下位に終わった。2009-10シーズンまでの契約期間はあと一年残ていものの2008-09シーズン終了後に双方合意のもとで契約を解した<ref>[http://jp.reutersuefa.com/articlenews/idJPJAPAN-38455420090609newsid=836925.html サッカー=ベンフィカのサンチェス・フローレス監督が辞任へ退団]</ref>。
 
;アトレティコ・マドリード
[[2009年]]10月、シーズン途中に[[アトレティコ・マドリード]]の監督就任し、深刻な不振に陥っていたチームを7ヶ月間で建て直した<ref>[http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=1486224.html 優勝だけを見据えるキケ・フローレス監督]</ref>。リーグ戦は9位に終わったものの、[[UEFAヨーロッパリーグ 2009-10|ヨーロッパリーグ]]で優勝、[[コパ・デル・レイ]]では準優勝を果たした。シーズン終了後には1年間の契約延長に合意した<ref>[http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=1492588.html アトレティコ、フローレス監督と契約延長]</ref>。
 
翌2010-11シーズンは、8月に行われた[[UEFAスーパーカップ]]で[[インテルナツィオナーレ・ミラノ|インテル]]を破り優勝<ref>[http://www.soccer-king.jp/news/spain/article/id=3667 キケ・フローレス「選手たちを称賛したい」]</ref>。幸先のよいスタートを切ったものの、エースFWの[[ディエゴ・フォルラン]]との確執が度々報じられ<ref>[http://www.goal.com/jp/news/73/スペイン/2011/05/13/2483662/キケフォルランのことは複雑な問題 キケ:「フォルランのことは複雑な問題」]</ref><ref>[http://www.goal.com/jp/news/73/スペイン/2011/05/15/2487484/キケ確執が取りざたされるフォルランを招集外に キケ、確執が取りざたされるフォルランを招集外に]</ref>、チーム状態が悪化。リーグ戦は7位に終わり、ヨーロッパリーグでもグループステージで敗退。シーズン終了と同時に辞任した。
 
== 戦術指導方針 ==
特に組織戦術に重きを置くタイプの監督である。バレンシア時代は全体をコンパクトに保ったうえで、ボールを奪った後は素早いカウンターを仕掛ける、堅守速攻のサッカーを志向した<ref>[http://number.bunshun.jp/articles/-/12182?page=3 キケ・フローレス 「戦術を語るには2日かかる」page 3]</ref>。また、この戦術をチームに浸透させるため、視聴覚室を新設し、ここでのミーティングを頻繁に行った<ref>[http://number.bunshun.jp/articles/-/12182 キケ・フローレス 「戦術を語るには2日かかる」page 1]</ref>。
{{スポーツ選手の出典明記|選手=監督|戦術|section=1|date=2011年6月}}
ヘタフェ、バレンシアを指揮した際は、選手の特長を生かし、前線からの組織的なプレスと統率の取れたライン・コントロールによる守備を重視したスタイルを用いた。バレンシアでは視聴覚室を新設し、映像による戦術確認を徹底した。アトレティコでも守備組織の構築を徹底し、[[ダビド・デ・ヘア]]、[[アルバロ・ドミンゲス]]などの若手を積極的に抜擢している。
 
一方で、選手が犯すミスには厳しく、罰として招集メンバーから外すこともあった<ref>[http://news.livedoor.com/article/detail/1464484/ キケ・フローレス監督「ミスを罰する時が来た」]</ref>。
守備面ではイタリアの[[アリゴ・サッキ]]、攻撃面ではオランダやフランスのスタイルに影響を受けたようである。
 
== 私生活家族 ==
* 父親の[[イシドロ・サンチェス]][[1960年代]]に黄金期の[[レアル・マドリード]]などでプレーした元サッカー選手。おばの[[ローラ・フローレス]]は有名なカルメン歌手および女優
* 有名な[[フラメンコ]]の踊り手で[[女優]]の[[ロラ・フローレス]]は叔母にあたる。
 
== 選手歴 ==