「キケ・サンチェス・フローレス」の版間の差分

m
 
;バレンシア
ヘタフェでの手腕を買われ、2005-06シーズンより古巣バレンシアの監督に就任。就任初年度からリーグ戦を3位で終え、[[UEFAチャンピオンズリーグ|チャンピオンズリーグ(CL)]]の出場権を確保した。翌2006-07シーズンは多くの怪我人を抱えながらも、国内リーグでCL出場圏内の4位確保に成功。CLでは[[ASローマ]]を抑えてグループリーグを首位通過すると、決勝トーナメント1回戦で[[インテルナツィオナーレ・ミラノ|インテル]]を撃破。準々決勝で[[チェルシーFC]]に敗れたものの、ベスト8の成績を残した。しかし、3年目のシーズンは開幕戦で黒星を喫すると低迷し、第9節の[[セビージャFC]]戦に0-3で敗れた後に解任された。
 
;ベンフィカ
 
;アトレティコ・マドリード
[[2009年]]10月、シーズン途中に[[アトレティコ・マドリード]]の監督に就任。深刻な不振に陥っていたチームを7ヶ月間で建て直した<ref>[http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=1486224.html 優勝だけを見据えるキケ・フローレス監督]</ref>。リーグ戦は9位に終わったものの、[[UEFAヨーロッパリーグ 2009-10|ヨーロッパリーグ]]で優勝、[[コパ・デル・レイ]]では準優勝を果たした。シーズン終了後に1年間の契約延長に合意した<ref>[http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=1492588.html アトレティコ、フローレス監督と契約延長]</ref>。
 
翌2010-11シーズンは、8月に行われた[[UEFAスーパーカップ]]で[[インテルナツィオナーレ・ミラノ|インテル]]を破り優勝<ref>[http://www.soccer-king.jp/news/spain/article/id=3667 キケ・フローレス「選手たちを称賛したい」]</ref>。幸先のよいスタートを切ったものの、エースFWの[[ディエゴ・フォルラン]]との確執が度々報じられ<ref>[http://www.goal.com/jp/news/73/スペイン/2011/05/13/2483662/キケフォルランのことは複雑な問題 キケ:「フォルランのことは複雑な問題」]</ref><ref>[http://www.goal.com/jp/news/73/スペイン/2011/05/15/2487484/キケ確執が取りざたされるフォルランを招集外に キケ、確執が取りざたされるフォルランを招集外に]</ref>、チーム状態が悪化。リーグ戦は7位に終わり、ヨーロッパリーグでもグループステージで敗退。シーズン終了と同時に辞任した。