「坂本勉」の版間の差分

 
==自転車競技での戦績==
学生時代から自転車競技を始め、[[青森県立三戸高等学校]]を経て[[日本大学]]に進学し、在学中に出場した[[1984年]]の[[ロサンゼルスオリンピック (1984年)|ロサンゼルスオリンピック]]では、[[自転車競技]]の1000mタイムトライアルで出場権を掴んだが、共産圏諸国のボイコットのため追加で出場権を得たスプリント種目において、敗者復活戦から勝ち上がり、3位決定戦で[[フィリップ・ヴェルネ]]を下して銅メダルを獲得。ヨーロッパでは「スポーツの王様」といわれる自転車競技で日本人が初めてメダルを獲得するという快挙を成し遂げた。前回モスクワオリンピックは兄・典男がボイコットにより出場を阻まれており、その無念を晴らす以上の活躍であった。
 
当時学生(アマチュア)だった坂本がメダルを取った後は、プロ選手の参加が解禁された[[アトランタオリンピック]]で[[十文字貴信]]が銅メダルを獲得するまで、日本人はメダルには届かなかった。
匿名利用者