「駿府藩」の版間の差分

編集の要約なし
(変遷テンプレ)
'''駿府藩'''(すんぷはん)は、[[駿府城]](現在の[[静岡県]][[静岡市]][[葵区]])を中心に[[静岡県]]の[[駿河国|駿河]]・[[遠江国|遠江]]・[[愛知県]]の[[三河国|三河]]・[[山梨県]]の[[甲斐国|甲斐]]の地域に[[江戸時代]]初期に短期間だけ存在した[[藩]]である。[[駿河府中藩]]若しくは[[府中藩]]とも呼ばれる。なお、明治2年[[8月7日 (旧暦)|8月7日]]([[1869年]][[9月12日]])に成立した藩は'''静岡藩'''(しずおかはん)と呼ぶ。
 
== 略歴 ==
=== 江戸時代 ===
駿河は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]、[[今川氏]]の支配にあったが、[[武田信玄]]の[[駿河侵攻]]で今川氏が没落すると、[[甲斐国|甲斐]][[武田氏]]対[[相模国|相模]]の支配下に入っ[[後北条氏]]や[[徳川氏]]の領地争奪の場となり、不安定な情勢が続いた。[[天正]]10年([[1582年]])3月に武田氏が滅亡すると、[[徳川家康]]の支配下に入る。天正18年([[1590年]])の[[小田原の役]]で家康が[[武蔵国|武蔵]]に移封されると、駿河には[[豊臣秀吉]]の家臣・[[中村一氏]]が入る。[[慶長]]5年([[1600年]])の[[関ヶ原の戦い]]で、[[中村一忠]](一氏の子)は東軍に与して武功を挙げたことから、[[伯耆国|伯耆]][[米子藩]]に移封された。
 
慶長6年([[1601年]])2月に[[伊豆国|伊豆]]韮山より[[徳川氏]][[譜代]]の家臣・[[内藤信成]]が4万石で[[入封]]したことにより、駿府藩が成した。
 
慶長11年([[1606年]])4月3日、信成は[[近江国|近江]][[長浜藩]]に移封され、わって[[大御所 (江戸時代)|大御所]]となった徳川家康が、駿府城に入ったため、駿府藩は廃藩となった。なお、家康は[[隠居]]した後も実質、幕政を執行する立場にあったことから、駿河の政務は家康の側近である[[大久保長安]]や[[伊奈忠次]]、[[井出正次]]らによって行なわれている
 
慶長14年([[1609年]])12月12日、家康の10男・[[徳川頼宣]]が50万石で入封したことから、駿府藩が復活する。ただし、頼宣は幼少の上、家康がなお幕政を駿府城で幕政を見執っていたことから、実際は家康の補佐を受けて頼宣が藩主になとはいのであり、藩政も[[本多正純]]や[[安藤直次]]ら家康の側近実際よって行は権限はわれていかった。[[元和 (日本)|元和]]5年([[1619年]])7月19日、家康没後、頼宣は[[紀伊国|紀伊]][[紀州藩|和歌山藩]]に移封され、駿府藩は廃藩となった。
 
[[寛永]]2年([[1625年]])1月11日、第3代将軍・[[徳川家光]]の弟・[[徳川忠長]]が駿河・遠江・甲斐などに55万石で封じられたことから、駿府藩が再び成藩されるした。忠長は将軍後継をめぐって兄、家光と争った経緯から家光とは不仲であり、さらに寛永7年([[1630年]])には[[静岡浅間神社|浅間神社]]の[[神獣]]とされる猿を捕殺したり、寛永8年([[1631年]])には[[家臣]]や[[侍女]]・[[領民]]等を惨殺したりするなどの乱行が目立ったことから、5月29日に発狂したとして[[上野国|上野]][[高崎藩]]に[[蟄居]]の身とされなり、父の[[徳川秀忠]]没後の寛永9年([[1632年]])10月20日には兄によって[[改易]]された。このとき、忠長の家臣の多くも[[連座]]により改易されている。そして寛永10年([[1633年]])12月6日、忠長は高崎で自害した。
 
忠長改易後、駿府藩は廃藩となり、以後は[[天領]]として[[江戸幕府]]直属の[[旗本]]が[[駿府城#駿府城代|駿府城代]]として赴任する駿河城番時代が続いた。
 
=== 明治時代 ===
[[慶応]]3年([[1867年]])の[[大政奉還]]により、江戸幕府は滅亡した。慶応4年([[1868年]])1月の[[戊辰戦争]]で徳川氏は明治新政府に敗れ、第15代将軍・[[徳川慶喜]]は朝敵となる。しかし閏4月29日、新政府の中核の1人である[[三条実美]]は徳川氏の存続に尽力し、慶喜に代わって田安亀之助([[徳川家達]])を徳川氏の相続者とし、5月24日には駿河・遠江・[[陸奥国|陸奥]]などで70万石を与えたのである。こうして、[[静岡藩]]が立藩された。ちなみに、陸奥の領地は9月4日に[[三河国|三河]]に変更されている。
 
明治2年([[1869年]])6月、府中([[駿府]])は、[[朝廷]]([[維新政府]]・[[明治政府]])や[[天皇]]に対し、「不忠」に通じるとして、静岡と改名し、藩名も静岡藩となった。直後の6月17日、家達は[[版籍奉還]]により静岡[[知藩事|藩知事]]に任じられた。明治4年([[1871年]])7月14日、[[廃藩置県]]で静岡藩は廃藩となった。
 
== 藩政 ==
内藤信成時代の駿府藩の内情は短期間のため、史料が少なく、藩政は詳しく分かっていない。
 
頼宣時代の駿府藩は、[[大御所 (江戸時代)|大御所]]である家康のもと、その側近によって[[東海道]]の整備、金山開発、検地、[[駿府城]]の改築などが行なわれ、藩政の基礎が固められた。なお、家康は駿府を江戸の西を守る要衝と考えていたようで、駿府城は家康時代に大規模な改築がなされている。
 
忠長時代の駿府藩は、忠長の乱行が目立っているが、その重臣である[[朝倉宣正]]や[[鳥居成次]]らによって無難に行なわれている。
 
天領時代の[[駿府]]は、[[駿府城代]]として幕府直属の大身旗本などが赴任し、この駿府城代が、[[駿府定番]]・[[駿府在番]]・[[駿府加番]]などともに[[番方]]を務める一方で、[[遠国奉行#駿府町奉行|駿府町奉行]]・[[代官]]が[[役方]]を務めた。
 
家達時代の静岡藩の職制は、江戸幕府の役職をそのまま名前だけ変えて踏襲したものが大半だった。また、家達が幼少のため、準中老に[[大久保一翁]]、幹事役に[[勝海舟]]や[[山岡鉄舟]]らが任じられ、政務が行なわれている。ちなみに政府との交渉は、新政府寄りである勝海舟によって行なわれた。しかし、江戸時代の幕府天領・旗本領の総計約700万石と比べて十分の一の石高での立藩であり、新たな俸禄で生活可能な人数を超える旧幕臣や郎党が移住したため、その生活扶助のために藩の財政は早くも悪化した。そのため為、旧幕臣の[[渋沢栄一]]が起用され財政再建が行われた。
 
== 歴代藩主 ==
 
=== 家康直轄領 ===
* 慶長12年7月3日から元和2年4月17日まで
 
=== 徳川(紀州)家 ===
 
=== 天領 ===
* 元和5年から寛永2年まで
 
=== 徳川家 ===
 
=== 天領 ===
* 寛永10年から慶応4年まで
 
=== 徳川家 ===
匿名利用者