「比叡 (戦艦)」の版間の差分

推敲。公式記録→事実による但し書き、を事実→公式記録による但し書きに。
編集の要約なし
(推敲。公式記録→事実による但し書き、を事実→公式記録による但し書きに。)
 
==== 舵復旧作業と米軍の攻撃 ====
操舵不能状態に陥った「比叡」は、ガダルカナル島周辺海域から離脱しようと応急修理を急いでいた<ref>[[#吉田比叡]]p.246、[[#11戦隊詳報(5)]]p.12</ref>。午前3時30分、艦橋付近の火災は鎮火に向かい、機関室は無事であったため、右舷スクリューと左舷スクリューを反対に回して北西に針路をとろうとする<ref>[[#豊田撃沈]]pp.162,165、[[#怒りの海]]p.141</ref>。しかし排水ポンプ停止による浸水増加のため舵取機室を放棄、舵が流され、サボ島北方を旋回した<ref>[[#怒りの海]]pp.158-159、[[#吉田比叡]]p.245、[[#11戦隊詳報(5)]]p.13</ref>。阿部司令官や西田艦長は戦闘艦橋から司令塔に移って指揮をとった。午前4時7分、「比叡」はルンガ方面距離24kmに米軍巡洋艦を認め、その巡洋艦がすでに破棄され無人漂流中であった駆逐艦「[[夕立 (白露型駆逐艦)|夕立]]」(既に放棄され無人漂流中)を撃沈したのをきっかけに後部主砲を発射し<ref>[[#怒りの海]]pp.143,169-170</ref>。「比叡」は36cm砲3-4斉射により撃沈を記録で応射した<ref>[[#豊田撃沈]]pp.163,169、[[#怒りの海]]p.171、[[#11戦隊詳報(5)]]pp.14,51</ref>。この艦は大混戦中で[[酸素魚雷]]1本が命中し、舵故障を起こして「比叡」と同じように旋回運動を行っていた[[ポートランド級重巡洋艦|重巡洋艦]]「[[ポートランド (重巡洋艦)|ポートランド]]」(''USS Portland, CA-33'')である。記録とは裏腹に「比叡」の砲撃は「ポートランド」に命中せず、この後「ポートランド」は戦場を離脱した。しかし、日本公式記録では撃沈が記録されており<ref>[[#豊田撃沈]]pp.163,169、[[#怒りの海]]p.171、[[#11戦隊詳報(5)]]pp.14,51</ref>、[[大本営発表]]では『つひに戦艦も満身創痍の損害の受けたこの時、サボ島の島かげから1隻の敵大型巡洋艦がわれ(比叡)に止めを刺さんと出撃して来たのです。わが戦艦は莞爾としてこれを迎へ撃ち、戦艦は敵巡洋艦に最後の巨弾を報い、忽ちこれを撃沈したのです』と表現している報道された<ref>「週報第322号」p.4</ref>。
 
午前4時20分、駆逐艦「[[雪風 (駆逐艦)|雪風]]」が到着<ref>[[#11戦隊詳報(5)]]pp.14,25</ref>、続いて「[[照月 (駆逐艦)|照月]]」、「[[時雨 (白露型駆逐艦)|時雨]]」、「[[白露 (白露型駆逐艦)|白露]]」、「[[夕暮 (初春型駆逐艦)|夕暮]]」が到着する。「照月」から見た「比叡」は健在のようだったが「舵故障・修理中」という連絡があり、動き出しては停止していたという<ref>[[#主計大尉]]p.100</ref>。午前6時15分、阿部少将は「比叡」から「雪風」に移乗した<ref>[[#豊田撃沈]]pp.169-170、[[#11戦隊詳報(5)]]p.14</ref>。ところが「比叡」の通信機が故障していたため連絡は手旗信号に頼らざるを得なくなり、阿部と西田の間で情報の把握に差異が生じた<ref>[[#怒りの海]]pp.201-202</ref>。阿部は姉妹艦「霧島」で「比叡」を曳航することを検討したが、「霧島」も米潜水艦に雷撃されるなど危険に晒されたため、北方に退避させた<ref>[[#戦藻録(九版)]]p.233、[[#吉田比叡]]p.250、[[#11戦隊詳報(5)]]pp.26-27</ref>。日本軍は「比叡」を掩護すべく、付近の基地航空隊や[[飛鷹型航空母艦|空母]]「[[隼鷹 (空母)|隼鷹]]」から[[零式艦上戦闘機]]や[[零式水上偵察機]]を上空直掩機として送り込んだ<ref>[[#空母艦爆]]p.154、[[#隼鷹飛行調査(2)]]pp.47-50</ref>。「隼鷹」の戦力に余裕はなく、一度に送り出せる零戦は10機未満だった。