「間違えられた男」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.6.4) (ロボットによる 変更: ru:Не тот человек)
| imdb_id = 0051207
}}
'''間違えられた男'''(まちがえられたおとこ、''The Wrong Man'')は、[[1956年]]の[[アメリカ映画]]。
 
== ストーリー ==
{{ネタバレ}}
ニューヨークのクラブで働くミュージシャンのマニーは、妻ローズと共に貧しい生活を送っていた。妻のために歯の治療費を借りようと、マニーはローズの保険証書を持って保険会社のオフィスを訪ねる。しかし、そのオフィスに2度も強盗に入った男にマニーがそっくりだったため、警察により連行されてしまう。
 
== キャスト ==
 
== ヒッチコックの登場シーン ==
作では、冒頭のスタジオでライトを背に浴びながら登場する。いつもなら、作品内でユーモラスに登場しているが今回、本作は内容が非常にシリアスであるために、『これは、実際に起こった出来事を基にした映画です』と珍しく生真面目に語っている。
 
== 関連事項備考 ==
*『[[ゴルゴ13]]』には『間違われた男』というタイトルのシナリオがある。
* 『[[古畑任三郎]]』に「間違えられた男」というサブタイトルのエピソードがある。
 
{{アルフレッド・ヒッチコック監督作品}}
[[Category:アルフレッド・ヒッチコックの監督映画]]
[[Category:サスペンス映画]]
[[Category:人物の入れ代わりを題材とした作品]]
{{movie-stub}}
 
匿名利用者