「和製英語」の版間の差分

編集の要約なし
広義の和製漢語を認定するに当たって、原語の意味からどの程度異なっていれば認定してよいかは難しい問題である<ref name="isino1989"/>。小規模な意味のずれはほぼ全ての外来語に見られ<ref name="isino1989"/>、外来語の意味が原語と異なるのは必然<ref name="zinno">陣内正敬『外来語の社会言語学 日本語のグローカルな考え方』世界思想社、2007年。</ref>だからである。また日本製であることを証明するのは非常に難しい。例えば「[[ナイター]]」は和製英語として非常に有名である<ref>西尾寅弥「語種」『朝倉日本語講座4 語彙・意味』朝倉書店、2002年。</ref>が、米国AP通信の電文に用いられていたとする説もあり<ref>『日本国語大辞典第2版』「ナイター」の項。</ref>、また野球解説者である[[伊東一雄]]も米国の野球関係者の間で使われていたとする[http://www.fujitv.co.jp/sports/column5/pc_00/pc0517.html]。
 
[[和製漢語]]の造語力については肯定的に語られることが多いが、和製英語の場合は否定的に語られることが多い。和製英語は無学に由来する外国語の誤用・濫用であって、本来あるべきでない病理的現象であるとの見方がある<ref name="isino1977">石野博史「外来語の問題」『岩波講座日本語3 国語国字問題』岩波書店、1977年。</ref>。しかし、和製英語は英語[[語彙]]ではなく、日本語の語彙である。従って英語と語形や意味が異なっているのは不思議なことではなく、またそれを組み合わせて新しく造語することは人間の言語創造力として当然のことであり、ろう。外国人にはわからなくてもよいという考え方もある<ref name="zinno"/><ref name="isino1977"/>という点も英作文の際にもば指摘されるが特筆すべき和製英語のメリット違うことを知「古来かの日本語使用変化を及ぼすことなく新てしまい概念を輸入できる」といために問題である。また反対に和製せず既存の日本語文脈で使われていに意味を上乗せし「誤っ」外来語誤用がいまもときおり目にされる例と、原語て「権利」「自由」「自然」「彼」などが挙げられる。これらは「元々語形・意味回帰しよう「英語いう圧力が働き、そして結果、既存原語語形・意味と衝突し」が付加され混乱を生じることがある<ref name="isino1989"/>。例えばおり、特に洋装で腰権利」につける帯紐」いては誤解が日本こと歴史にまで影響与えていた。元々のRightにはバンド力、権力」という意味明治時代からあるがなく英語の「{{lang|en|band}}」は「物を束ねて縛る帯紐」道徳的・法律的に付与された資格・資質という意味が本義であったが、腰につける帯紐力、権力」という意味はない。こを持つ古来から意味で言う場合には日本語{{lang|en|belt}}」が用い訳語に当てられる。そのため現在、明治初期に日本語でもベルト官権に対する民権を」ということ力の取り合いのような構図生まれた。『翻訳語成立事情』(柳父章, 岩波新書)原義が正し伝わっており<ref>木下哲生「英語と意味のずがあばその後の歴史は変わっていたと指摘す外来」『現代日本学者、国講座第4巻 語彙』明治書院学者も見られるが2002。</ref>、「バンド」とでは和製英語を用るよ世代と「ベルになったため、また別のメリッいう世代の間で衝突デメリット発生している。
英作文の際には、英語とは違うことを知らずに使用してしまうために問題となる。また反対に、日本語文脈で使われていた「誤った」外来語に対し、原語の語形・意味に回帰しようという圧力が働き、その結果、既存の語形・意味と衝突して混乱を生じることがある<ref name="isino1989"/>。例えば「洋装で腰につける帯紐」のことを「バンド」というのは明治時代からあるが、英語の「{{lang|en|band}}」は「物を束ねて縛る帯紐」という意味であって「腰につける帯紐」という意味はない。この意味で言う場合には「{{lang|en|belt}}」が用いられる。そのため現在は日本語でも「ベルト」ということが多くなっており<ref>木下哲生「英語と意味のずれがある外来語」『現代日本語講座第4巻 語彙』明治書院、2002年。</ref>、「バンド」という世代と「ベルト」という世代の間で衝突がある。
 
== 和製英語の例 ==
68

回編集