「スペクトラムアナライザ」の版間の差分

差し戻し(低い周波数から高い周波数に掃引されるためであり、ブラウン管、液晶ディスプレイの違いは関係ありません。)
(差し戻し(低い周波数から高い周波数に掃引されるためであり、ブラウン管、液晶ディスプレイの違いは関係ありません。))
'''スペクトラムアナライザ'''(''Spectrum analyzer'')は、横軸を[[周波数]]、縦軸を[[電力]]または[[電圧]]とする二次元のグラフを画面に表示する[[電気計測器]]である。略して'''スペアナ'''と呼ばれることが多い。[[ブラウン管]]を用いたものの表示は、画面を左から右に周期的に掃引される光点によってなされる。[[高周波]]用と[[低周波]]用があり、原理・構造が異なるので分けて説明する。
 
== 高周波用スペクトラムアナライザ ==
1,715

回編集