「降着装置」の版間の差分

cl 「もの」
(cl 「もの」)
'''降着装置'''(こうちゃくそうち)とは、[[航空機]]の機体を地上で支持する機構である。'''着陸装置'''、'''ランディングギア''' (Landing gear)、'''アンダーキャリッジ''' (undercarriage) ともいう。
 
通常は[[車輪]]と[[ショックアブソーバー|緩衝装置]]からなるが、場合によっては雪上用にスキー、水上用にフロート、また、離着陸滑走が不要な[[ヘリコプター]]ではスキッドなどを備えることもある。[[艦載機]]では[[アレスティング・フック]]を含む。フロート、スキッドなどを除くと着陸脚と呼ばれることも多い。最近では空気抵抗を減少させるため引き込み式のものが主流であるが、小型のもの機体や高速飛行を行なわないもの機種は固定式の脚を持つ。
[[画像:747-Gear.jpg|320px|thumb|ボーイング747の右胴体主脚]]
 
匿名利用者