「ミキシング・コンソール」の版間の差分

 
=== パッチベイ ===
{{main|パッチパネル}}
録音スタジオや大型PA用のミキサーコンソールでは、「裏側に回ってコネクタを抜き差し」するのが非能率的なので、必要に応じて入出力機器の接続を容易に変更できるよう、すべての入出力端子をミキサーコンソール脇か、別に配置した機器盤(ラック)に配線し用意する事が多く、あらかじめ接続された回線をパネルにまとめられた接続ポイントをまとめた部分の名称。ミキシング・コンソールを中心とした機器間の接続関係が直接目視確認できる利点もある。使用されるコネクタは多岐にわたり、用途に応じて選択する。使用するコネクター形式としては110号、バンタム、TRSフォン等が一般に用いられる。特に実装密度の高いバンタムは大型のミキシング・コンソールにおいて標準装備になっている<ref>[[パッチパネル|パッチベイ]]で用いる比較的短い機器間接続用ケーブルを特にパッチ・ケーブルと呼び、接続関係が判りやすい様に色分けされている場合が多い。</ref>。
 
匿名利用者