「テレビデオ」の版間の差分

 
== 注意点 ==
* 通常の受像用と録画用の2系統の[[チューナー]]が搭載されていない場合、録画しながら裏番組を見る「裏録」はできない。基本的には国内大手メーカーのテレビデオは2チューナーが標準だが安価な製品には省略されている場合もあるので注意が必要である。
* [[VCR]]部は[[モノラル]](Hi-Fi音声を備えない)の場合が多い(モノラル音声のみのVCR単体機は1990年代後半にほぼ製造販売を終了している)。VCRがモノラルでありながら、ステレオ音声入力端子やステレオヘッドホン対応ジャックの場合、単に外部入力だけがステレオという場合がほとんどで、ステレオ放送を楽しむことは不可能である。この場合、なかなか購入時見分けがつきにくい。本体に「[[HiFi]]」と明記されていれば、VCR部はもちろん、チューナーもステレオ(音声多重)対応である。
* テレビまたはビデオのどちらかの機能が故障した場合には、修理委託中に他方の機能が使えない。この不便解消から、故障に際し単体機を追加購入する場合も見られる。