「ヒラタケ科」の版間の差分

m
en:Pleurotaceaeの18:28, 16 August 2011 を一部翻訳。小修正。
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: vi:Pleurotaceae)
m (en:Pleurotaceaeの18:28, 16 August 2011 を一部翻訳。小修正。)
| 亜界 = [[ディカリア|ディカリア亜界]] [[w:Dikarya|Dikarya]]
| 門 = [[担子菌門]] [[w:Basidiomycota|Basidiomycota]]
| 亜門 = [[ハラタケ菌蕈亜門]] [[w:Agaricomycotina|Agaricomycotina]]
| 綱 = [[ハラタケ真正担子菌綱]] [[w:Agaricomycetes|Agaricomycetes]]
| 目 = [[ハラタケ目]] [[w:Agaricales|Agaricales]]
| 科 = '''ヒラタケ科 [[w:Pleurotaceae|Pleurotaceae]]'''
| 下位分類名 = 下位分類(属)
| 下位分類 = * ''Pleurotus'' [[ヒラタケ属]]
* ''[[Agaricochaete]]''<br>
* ''Hohenbuehelia'' [[ヒメムキタケ属]]
* ''Agaricochaete[[Antromycopsis]]''<br>
* ''[[Cantharocybe]]''<br>
* ''[[ヒメムキタケ属]]'' [[:en:Hohenbuehelia|Hohenbuehelia]]
* ''[[Nematoctonus]]''<br>
* ''[[ヒラタケ属]]'' [[:en:Pleurotus|Pleurotus]]
}}
'''ヒラタケ科'''(Pleurotaceae)は中型で、白色の[[胞子]]の形成を特徴とする[[キノコ]]の[[科 (分類学)|科]]である。代表的なものに[[ヒラタケ]]や[[エリンギ]]がある。本科のキノコはしばしば(外見が類似した)[[ツキヨホウライタケ科]]のものと間違われる。
 
The Dictionary of the Fungiの2008年の第10版では6属94種が含まれる<ref name=Kirk2008>{{cite book |author=Kirk PM, Cannon PF, Minter DW, Stalpers JA. |title=Dictionary of the Fungi. |edition=10th |publisher=CABI |location=Wallingford |year=2008|page=549|isbn=978-0-85199-826-8}}</ref>。ヒラタケ科に属する[[ヒラタケ属]](''Pleurotus'')と[[ヒメムキタケ属]](''Hohenbuehelia'')の多くの[[種 (分類学)|種]]は[[線虫捕食菌]]であり、[[線形動物|センチュウ]]を捕らえて栄養分を得ている。捕食は粘着性の瘤を持つ[[菌糸]]によるもので、これを付近のセンチュウに付着させ、[[毒|毒素]]を分泌する<ref>Thorn RG, Moncalvo JM, Reddy CA, Vilgalys R. (2000) Phylogenetic analyses and the distribution of nematophagy support a monophyletic Pleurotaceae within the polyphyletic pleurotoid-lentinoid fungi. ''Mycologia''. '''92'''(2):241-52.</ref><ref>Koziak ATE, Cheng KC, Thorn RG. (2007). Phylogenetic analyses of ''Nematoctonus'' and ''Hohenbuehelia'' (Pleurotaceae). ''Can J Bot''. '''85'''(8):762-73.</ref>。
'''ヒラタケ科'''(Pleurotaceae)は中型で、白色の[[胞子]]の形成を特徴とする[[キノコ]]の[[科 (分類学)|科]]である。代表的なものに[[ヒラタケ]]がある。本科のキノコはしばしば(外見が類似した)[[ツキヨタケ科]]のものと間違われる。
 
ヒラタケ科に属する[[ヒラタケ属]](''Pleurotus'')と[[ヒメムキタケ属]](''Hohenbuehelia'')の多くの[[種 (分類学)|種]]は[[線虫捕食菌]]であり、[[線形動物|センチュウ]]を捕らえて栄養分を得ている。捕食は粘着性の瘤を持つ[[菌糸]]によるもので、これを付近のセンチュウに付着させ、[[毒|毒素]]を分泌する<ref>Thorn RG, Moncalvo JM, Reddy CA, Vilgalys R. (2000) Phylogenetic analyses and the distribution of nematophagy support a monophyletic Pleurotaceae within the polyphyletic pleurotoid-lentinoid fungi. ''Mycologia''. '''92'''(2):241-52.</ref><ref>Koziak ATE, Cheng KC, Thorn RG. (2007). Phylogenetic analyses of ''Nematoctonus'' and ''Hohenbuehelia'' (Pleurotaceae). ''Can J Bot''. '''85'''(8):762-73.</ref>。
 
== 注釈・参考文献 ==
{{DEFAULTSORT:ひらたけか}}
[[Category:キノコ]]
[[Category:ヒラタケ科]]
 
[[ca:Pleurotàcia]]
7,158

回編集