「三井雅晴」の版間の差分

編集の要約なし
{{Infobox baseball player
|選手名 = 三井 雅晴
|英語表記 =
|所属球団 =
|背番号 =
|写真のコメント =
|国籍 = {{JPN}}
|出身地 = [[愛知県]][[知多郡]][[武豊町]]
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1954|9|16}}
|没年月日 =
|プロ入り年度 = {{NPBドラフト|1972}}
|ドラフト順位 = ドラフト2位
|初出場 = 1974年5月10日
|最終出場 = 1982年8月10日
|年俸 =
|経歴 = <nowiki></nowiki>
* [[愛知県立半田商業高等学校]]
* [[千葉ロッテマリーンズ|ロッテオリオンズ]](1973 (1973 - 1982)1982)
|選出国 =
|選出年 =
|選出方法 =
}}
'''三井 雅晴'''(みつい まさはる、[[1954年]][[9月16日]] - )は、[[愛知県]]出身の元[[プロ野球選手]]。右投右打で、ポジションは[[投手]]
 
==来歴・人物==
[[愛知県立半田商業高等学校|半田商高]]から[[1972年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1972年のドラフト]]2位で[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテオリオンズ]]に入団。当初、打撃投手の補助として一軍の練習に参加したところ、当時監督の[[金田正一]]にその素質を認められ主力投手に抜擢された。以後はチームメイトの[[村田兆治]]と甲乙付けがたい直球を武器に[[1974年]]に[[最優秀新人 (野球)|新人王]]を獲得するが<ref>[http://bis.npb.or.jp/yearly/pacificleague_1974.html 年度別成績 1974年 パシフィック・リーグ]</ref>、ヒジを痛めて低迷。渡米し[[フランク・ジョーブ]]の診察を受け、日本人投手としては初めてヒジの手術を受けた。手術は成功したが球威を失い、低迷から抜け出せないまま[[{{by|1982年]]に}}限りで現役を引退した。
[[愛知県立半田商業高等学校|半田商]]から[[1972年]]に[[ドラフト会議|ドラフト]]2位で[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテオリオンズ]]に入団。
当初、打撃投手の補助として一軍の練習に参加したところ、当時の監督の[[金田正一]]にその素質を認められ主力投手に抜擢された。以後はチームメイトの[[村田兆治]]と甲乙付けがたい直球を武器に[[1974年]]に[[最優秀新人 (野球)|新人王]]を獲得するが、ヒジを痛めて低迷。渡米し[[フランク・ジョーブ]]の診察を受け、日本人投手としては初めてヒジの手術を受けた。手術は成功したが球威を失い、低迷から抜け出せないまま[[1982年]]に引退した。
 
== 詳細情報 ==
|4||0||0||0||0||0||0||0||--||----||34||6.0||13||2||0||0||0||6||0||0||8||5||7.50||2.17
|-
!colspan="2"|通算:8:8
|140||38||12||2||1||29||28||22||--||.509||1819||440.0||377||41||154||5||6||382||11||1||196||171||3.50||1.21
|}
 
=== 表彰 ===
* [[最優秀新人 (野球)|新人王]](1974年)
 
===背番号 記録 ===
* 初登板:1974年5月10日、対[[福岡ソフトバンクホークス|南海ホークス]]7回戦([[後楽園球場]])
*'''36''' (1973年 - 1978年)
* 初勝利:1974年6月4日、対南海ホークス11回戦([[大阪球場]])
*'''19''' (1979年 - 1980年)
 
*'''18''' (1981年 - 1982年)
=== 背番号 ===
* '''36''' (1973年 - 1978年)
* '''19''' (1979年 - 1980年)
* '''18''' (1981年 - 1982年)
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
* [[千葉ロッテマリーンズの選手一覧]]
* [[愛知県出身の人物一覧]]
* [[千葉ロッテマリーンズの選手一覧]]
 
{{パシフィック・リーグ新人王}}
{{ロッテオリオンズ1972年ドラフト指名選手}}
{{Baseball-biography-stub}}
{{DEFAULTSORT:みつい まさはる}}
 
{{DEFAULTSORT:みつい まさはる}}
[[Category:日本の野球選手]]
[[Category:千葉ロッテマリーンズ及びその前身球団の選手]]
1,739

回編集