「徳武定祐」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{Infobox baseball player
|選手名 = 徳武 定祐
|英語表記 =
|所属球団 =
|背番号 =
* [[東京ヤクルトスワローズ|国鉄スワローズ<br />サンケイスワローズ<br />サンケイアトムズ]] (1961 - 1967)
* [[中日ドラゴンズ]] (1968 - 1970)
|経歴補足 = <nowiki></nowiki>
|経歴補足題 = 監督・コーチ歴
* 中日ドラゴンズ (1972 - 1976, 1992 - 1995)
* [[千葉ロッテマリーンズ|ロッテオリオンズ]] (1977 - 1991)
|経歴補足 = <nowiki></nowiki>
|選出国 =
|選出年 =
|得票率 =
|選出方法 =
}}
'''徳武 定祐'''(とくたけ さだゆき、[[1938年]][[6月9日]] - )は、[[東京都]][[豊島区]]出身(出生地は[[青森県]][[三戸郡]][[五戸町]])の元[[プロ野球選手]]。右投げ右打ち。旧名は定之。
 
== 来歴・人物 ==
[[青森県]][[三戸郡]][[五戸町]]生まれ。[[早稲田大学系属早稲田実業学校初等部・中等部・高等部|早稲田実業学校]]から[[早稲田大学]]に入学。早大では主に三塁を守り、4年時には主将を務め、[[1960年]]秋の早慶6連戦でも活躍。ベストナインに5度選ばれた。本塁への激しい突入プレーで「すわ[[リンゴ事件]]の再来か」と言われた紛糾の主役となった。リーグ通算88試合出場、313打数92安打、打率.294、3本塁打、46打点。[[読売ジャイアンツ|巨人]]から[[長嶋茂雄]]をショートに回すからと誘われたが当時[[東京ヤクルトスワローズ|国鉄スワローズ]]の監督で大学時代の長嶋の恩師である[[砂押邦信]]に「長嶋はショートはできない、巨人に入団しても出番はないからうちに来なさい」と諭され当時弱小である国鉄に[[1961年]]に入団した。金銭面よりも、選手としての出場機会を取った選択だった。国鉄は貧乏球団であったが、同球団としては破格の契約金600万円で契約した(ちなみに、4年前に巨人入りした、長嶋の契約金は1,800万円)。しかし、「徳武に出す金があるなら(親会社の)[[日本国有鉄道]][[運賃]]の値上げを止めろ」という抗議が殺到したという
 
入団から6年間821試合連続出場の記録を持つ。特に初年度はフルイニング出場した。貧打の国鉄、サンケイであったため、徳武の代わりがいなかったのもあるが、立派な記録である。しかし[[1967年]]の開幕3試合目で当時の連続試合出場の記録を持つ監督の[[飯田徳治]]から「接戦だったため徳武の記録を忘れていた。」との不可解な理由でストップしてしまった。打撃成績はさほどでもないが、「早慶戦を思い出す」とのことで巨人戦には滅法強かった。また[[中日ドラゴンズ]]の[[板東英二]]にも強かった。[[1968年]]、[[河村保彦]]との交換トレードで中日に移籍。[[1970年]]、現役引退。引退後は、中日・ロッテのコーチ、フロントを歴任した。
[[読売ジャイアンツ|巨人]]から[[長嶋茂雄]]をショートに回すからと誘われたが、当時[[東京ヤクルトスワローズ|国鉄スワローズ]]の監督で大学時代の長嶋の恩師である[[砂押邦信]]に「長嶋はショートはできない、巨人に入団しても出番はないからうちに来なさい」と諭され、当時弱小である国鉄に[[1961年]]に入団した。金銭面よりも、選手としての出場機会を取った選択だった。国鉄は貧乏球団であったが、同球団としては破格の契約金600万円で契約した(ちなみに、4年前に巨人入りした長嶋の契約金は1800万円)。しかし、「徳武に出す金があるなら(親会社の)国鉄の運賃の値上げを止めろ」という抗議が殺到したという。
監督代行を務めることが多く[[1990年]]のロッテヘッドコーチ時には6月23日に[[埼玉西武ライオンズ|西武ライオンズ]]戦(西武球場)で[[園川一美]]のボークの判定を巡って監督の[[金田正一]]が審判の[[高木敏昭]]に対して暴行し退場となり30日間出場停止となり出場停止期間監督代行を務め、また[[1995年]]の中日ヘッドコーチ時には監督[[高木守道]]の辞任に伴い監督代行を務めたが12勝25敗と低迷し徳武も休養となり2軍監督の[[島野育夫]]が昇格しシーズン終了まで監督代行を務めた。
 
入団から6年間821試合連続出場の記録を持つ。特に初年度はフルイニング出場した。貧打の国鉄サンケイであったため、徳武の代わりがいなかったのもあるが、立派な記録である。しかし[[1967年]]の開幕3試合目で当時の連続試合出場の記録を持つ監督の[[飯田徳治]]から「接戦だったため徳武の記録を忘れていた」との不可解な理由でストップしてしまった。打撃成績はさほどでもないが、「早慶戦を思い出す」とのことで巨人戦には滅法強かった。また[[中日ドラゴンズ]]の[[板東英二]]にも強かった。[[1968年]]、[[河村保彦]]との交換トレードで中日に移籍。[[1970年]]、現役引退。引退後は、中日・ロッテのコーチ、フロントを歴任した。
 
[[1968年]]、[[河村保彦]]との交換トレードで中日に移籍。[[1970年]]、現役引退。引退後は、中日・ロッテのコーチ、フロントを歴任した。
 
監督代行を務めることが多く[[1990年]]のロッテヘッドコーチ時には6月23日に[[埼玉西武ライオンズ|西武ライオンズ]]戦(西武球場)で[[園川一美]]のボークの判定を巡って監督の[[金田正一]]監督が審判の[[高木敏昭]]に対して暴行し退場となり30日間出場停止となり出場停止期間監督代行を務めた。また[[1995年]]の中日ヘッドコーチ時には監督[[高木守道]]監督の辞任に伴い監督代行を務めたが12勝25敗と低迷し徳武も休養となり2軍監督の[[島野育夫]]が昇格しシーズン終了まで監督代行を務めた。
 
== 詳細情報 ==
=== 年度別打撃成績 ===
{| {{年度別打撃成績|リーグ=日本プロ野球}}
=== 記録 ===
* [[オールスターゲーム (日本プロ野球)|オールスターゲーム]]出場:1回(1963年)
* 通算'''1000'''試合出場 1968年9月11日(135人目)
 
=== 背番号 ===