「自主規制」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概要==
何らかの[[社会問題]]や[[事件]]・[[事故]]の発生、あるいは[[警察]]による[[摘発検挙]]をきっかけとして、業界全般での製品の安全基準が無いことや無軌道な販売競争や製品開発が暴露されたり、表現物の場合には「[[表現の自由]]」を建前とした法令に対する業界の認識の甘さなどが露呈し、社会から問題視されることがある。この場合、現状のまま放置しておくと社会・大衆の批判を集め、やがては[[公権力]]の介入を招いて[[法令]]や[[行政機関]]などによる厳格な公的規制が制定されるなどの事態に繋がりかねない。
 
業界は厳格な公的規制の導入と公権力による継続的な監視により、以降の業界各社の活動停滞や場合によっては業界全体の存続そのものに大きな支障を来たす事態を恐れるわけで、自主規制とはこの様な恐れがある際にその業界の関係者間の同意という形で行われる回避手段の一つである。
 
== 自主規制の限界 ==
自主規制はその名の通り「自主的な」規制であり、概して自主規制を遵守することはその業界と市場をさらに厳しい規制による衰退発展の阻害から業界と市場を守るための業界のルールやモラルという一面があり、法律や条例に抵触しない限りは守らなくても検挙されるということはない。
 
そのため、販売競争の激化などが原因として、自主規制が無意味・無価値のものとなったり、自社の利益やユーザーの要求を優先して規制の間隙を突く行為や自主規制の無視が横行する、表現物の場合には販売競争の激化により規制対象の表現が過激化の一途を辿るなど、自主規制が有名無実化することも起き得る。この様な形で自主規制のシステムが機能不全に陥った場合、最終的に法令の整備という形でより厳格な公的規制を招くことがある。典型的な例としては、[[エアソフトガン]]の威力に関する規制がある([[銃砲刀剣類所持等取締法#遊戯銃規制の不備とその対策]]、[[有害玩具]]参照)。
 
==かつて自主規制が行われていた例==
 
==自主規制を行う組織等==
競争が行われている分野産業で自主規制ルールが制定される場合には、生産組合や業界団体などの既存組織が取り仕切って実施することが多い。適当な組織が見当たらない場合には、敢えて自主規制やそのチェックを主目的にした組織が設立されることもある。また、エアソフトガン業界や[[アダルトゲーム]]業界の様に、業界の歴史的経緯・メーカー間の主導権争い・自主規制の審査を巡るトラブルなどが原因で、同じ目的ながらも微妙に異なる基準や審査方法を持つ自主規制団体が複数存在したり乱立することもある。
*[[映倫管理委員会]]
*[[日本ビデオ倫理協会]]
匿名利用者