「UARS」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: hu:Upper Atmosphere Research Satellite)
| Carrier_Rocket =
| Launch_Site = [[ケネディ宇宙センター第39複合発射施設|ケネディ宇宙センターLC-39A]]
| Mission_Duration = {{Age in years and days|1991|09|15|2005|12|15}} (2005(2005年12月15日運用終了)
| NSSDC_ID = 1991-063B
| Webpage = http://umpgal.gsfc.nasa.gov/
'''UARS'''(Upper Atmosphere Research Satellite、和訳:上層大気観測衛星)は[[アメリカ合衆国]]の[[科学衛星]]。[[地球]]の[[地球の大気|上層大気]]、特に[[オゾン層]]を観測することが目的であった。
 
[[1991年]][[9月12日]]、[[STS-48]]ミッションにおいて[[ディスカバリー (オービタ)|ディスカバリー]]から軌道上で放出された。[[2005年]][[12月15日]]に運用を終了。[[2010年]][[10月26日]]には[[国際宇宙ステーション]]がUARSを避けるために[[衝突回避 (宇宙開発)|デブリ回避マヌーバ]]を実施した<ref>{{Cite web| title=Orbital Debris Quarterly News | publisher=NASA | url=http://orbitaldebris.jsc.nasa.gov/newsletter/pdfs/ODQNv15i3.pdf | accessdate=10 September 2011}}</ref>。
 
==観測機器==
10の観測機器が搭載され、そのうちWINDIIは{{仮リンク|カナダNRC|en|National Research Council (Canada)Council(Canada)}}による提供である。
 
*SOLSTICE(太陽放射測定用分光計)-太陽スペクトル放射照度
*PEM(高エネルギー電子・陽子測定装置)
*CLAES(大気測定用走査型冷却剤冷却式地球周縁赤外分光計)-大気中の窒素・塩素、オゾン破壊種、微量成分、気温のグローバルな総観測定
*ISAMS(大気測定用改良型機械的冷却式赤外サウンダー) -気温および大気成分濃度
*MLS(大気測定用マイクロ波リムサウンダー)-O3、O2 の垂直分布、風測定、気圧推定
*HALOE(ハロゲン観測用太陽掩蔽式分光計)-成層圏気体種の濃度
*HRDI(風測定用走査型ファブリ・ペロー干渉計)-中間圏の風
*WINDII(風測定用走査型マイケルソン干渉計)-エネルギーの Doppler シフト、上層大気の風
*ACRIM-II(太陽常数測定用広帯域放射計)-全太陽放射照度
 
===経過===
* 1992.06 ISAMS 故障、運用停止
* 1993.04 MLS 183GHz チャンネル故障
* 1993.05 CLAES 運用停止
* 2001.09.26 強制的に運用停止(観測運用終了。その後2002年まで観測運用を再開)
* 2005.12.25 高度を下げた後、運用を終了
 
==大気圏再突入==
2005年12月15日に運用を終了する際に、軌道高度を約350×500kmにまで下げた。その後も徐々に高度が下がり、[[2011年]][[9月24日]]に制御不能のまま[[大気圏再突入]]した<ref>{{cite news|title=衛星の破片、落ちるかも  人に当たる確率3200分の1|url=http://www.asahi.com/special/space/TKY201109100155.html|publisher=asahi.com|accessdate=2011-09-10}}</ref>。落下予測地域は北緯57度から南緯57度となっており、北はイギリスから南は南米の南端まで含まれていた。ほとんどが突入時に燃え尽きるが、科学者たちは26個の破片(532kg)532kg)は燃え尽きずに落下すると想定し、NASAは1個の破片が誰か1人の人間に当たる可能性は3200分の1<ref>{{cite news|title=Defunct NASA satellite to crash to Earth this week|url=http://www.reuters.com/article/2011/09/19/us-space-debris-nasa-idUSTRE78I5GE20110919|publisher=reuters.com|accessdate=2011-09-23}}</ref>と予測された。また、特定の人間に当たる確率は21兆分の1と試算された<ref>{{Cite web|date=2011-09-21|url=http://www.asahi.com/special/space/TKY201109210681.html|title=人工衛星、23日落下へ  532キロ、燃え尽きぬ見込み|publisher=asahi.com|accessdate=2011-09-23}}</ref><ref>{{citeCite news|title=文部科学省 NASA 上層大気調査衛星(UARS)の再突入及びリスク評価(仮訳)|url=http://www.mext.go.jp/a_menu/kaihatu/satellite/detail/1311416.htm}}<</ref>。
 
==参考文献==
* [http://www.restec.or.jp/databook/uvwz/uvwz-01.htm 総覧 世界の地球観測衛星 UARS] - リモート・センシング技術センター
{{Reflist}}
 
==外部リンク==
{{commonscatCommonscat|Upper Atmosphere Research Satellite}}
* [http://haloe.gats-inc.com View and download HALOE data]
* [http://www.earth.nasa.gov/history/uars/uars.html UARS summary from NASA Earth Science]
* [http://umpgal.gsfc.nasa.gov/ UARS project science office page]
 
[[Category:地球観測衛星]]
匿名利用者