「ガレス」の版間の差分

m
commons追加ほか
m (r2.6.4) (ロボットによる 変更: uk:Ґарет Білоручка)
m (commons追加ほか)
[[ファイル:Arthur Hughes - Overthrowing of the Rusty Knight.jpg|thumb|250px|[[アーサー・ヒューズ]]の描くガレス(1908年)。]]
'''ガレス'''('''Gareth''')は、[[アーサー王伝説]]に登場する、伝説上の人物。「[[円卓の騎士]]」の1人であり、[[ガウェイン]]卿の末弟にして[[アーサー王]]の甥に当たる人物。「ボーマン」(Beaumains)とも呼ばれることがある。兄であるガウェイン卿や、[[ランスロット]]卿から非常に愛されており、彼の死がガウェイン卿とランスロット卿の関係を修復不能なものとし、ひいては円卓の騎士の崩壊につながることになった。
 
== 修行期間 ==
[[オークニー]]の[[ロット王]]の息子として生まれる。幼い頃は母親とともに過ごし、既に騎士となっていた兄であるガウェイン卿たちとは面識が無かった。成長してからはガレス卿も兄たちと同様、騎士になることを願い[[キャメロット]]に向かう。しかし、アーサー王の甥であり、ガウェイン卿の弟であるという身分を隠し、名前も名乗らなかったことから、騎士となるどころか、[[ケイ (アーサー王伝説)|ケイ]]卿により厨房で働かさせられることになる。そのさい、男であるのに白く
美しい手をしていたことからケイ卿に「ボーマン」(Beaumains、フランス語で beau は"美しい"、 mains は"手"の意)というあだ名を付けられてしまう。
 
そして、ガレス卿がボーマンとして一年を厨房で過ごした後のこと。宮廷にある乙女やってきて、自分の仕える貴婦人を助けてくれるよう依頼した。このさい、貴婦人の名前が教えられなかったため、名のある騎士を派遣することができず、このとき無名のガレス卿が冒険に出ることになる。
 
一方、ランスロット卿もガレス卿を愛していたため、過失とはいえ殺害してしまったことを悔いることになる。
 
{{Commonscat|Gareth Beaumains}}
{{アーサー王物語}}
 
{{DEFAULTSORT:かれす}}