「佐々木恭介」の版間の差分

編集の要約なし
|ドラフト順位 = ドラフト1位
|初出場 = 1972年4月8日
|最終出場 = 1981年9月27日
|経歴 = <nowiki></nowiki>
* [[兵庫県立柏原高等学校]]
少年時代は相撲をとったら負け知らずだったため、相撲部屋からスカウトが来たという。
 
[[兵庫県立柏原高等学校|柏原高校]]から[[新日本製鐵広畑硬式野球部|新日鐵広畑]]を経て、[[1970年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1970年のドラフト会議]]で[[北海道日本ハムファイターズ|東映フライヤーズ]]に9位指名されるが入団を拒否し新日鐵広畑に残留。翌{{by|1971年}}の[[第42回都市対抗野球大会]]で優勝し最優秀選手の橋戸賞を受賞した。[[1971年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|同年のドラフト会議|ドラフト]]1位で[[大阪近鉄バファローズ|近鉄バファローズ]]に1位指名で入団。{{by|1974年}}に[[外野手]]に転向しレギュラーとなった。{{by|1978年}}には打率.354の成績で[[首位打者 (日本プロ野球)|首位打者]]を獲得<ref>[http://bis.npb.or.jp/yearly/pacificleague_1978.html 年度別成績 1978年 パシフィック・リーグ]</ref>。{{by|1979年}}、{{by|1980年}}にも打率3割以上をマークし、リーグ連覇の原動力となった。[[1979年の日本シリーズ]]の「[[江夏の21球]]」では[[江夏豊]]と対戦した打者の一人。江夏が自分に投じた第2球目、ど真ん中のシュートを見逃してしまい(判定はストライク)、結局三振に倒れる。佐々木は「人生をやり直せるとしたら、あの打席の2球目の場面をやり直したい」と述べたことがある。
 
{{by|1981年}}6月3日の対[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテ]]戦で、1回表にプロ野球史上最短の試合開始4球で退場処分を受けている。
 
{{by|1982年}}肝炎による内臓疾患により一軍出場は無く33歳同年限りで現役引退。
 
引退後は[[1983年]]近鉄スカウト、{{by|1984年}}から{{by|1989年}}まで近鉄打撃コーチ、[[1990年]]は[[スポーツニッポン]]野球評論家、{{by|1991年}}から{{by|1992年}}までは監督の[[中村勝広]]の要請により[[阪神タイガース]]一軍打撃コーチを務める。阪神時代は[[新庄剛志]]、[[亀山努]]らをブレイクさせ、6年ぶりのAクラス入りに貢献した。
 
その後、[[1993年]]からは[[毎日放送]]野球解説者、スポーツニッポン野球評論家。担当していたラジオ番組では話術の巧みさを発揮した。
 
{{by|1996年}}から{{by|1999年}}まで近鉄監督を務める。就任直後の[[1995年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト会議]]では(赤い[[ふんどし]]を着用し当日に臨んだと言われる)抽選で[[PL学園中学校・高等学校|PL学園]]の[[福留孝介]]の交渉権を獲得し(入団は拒否)、『'''ヨッシャー'''』の掛け声(これが愛称となる)で話題となった。スカウトより事前に「意中球団でないため、近鉄に入団する可能性は極めて低い」という報告を受けていたが、PL学園は[[藤井寺市|藤井寺]]から10分たらずの距離なのに、何もしないのは惜しいということで強行1位指名に踏み切ったという。福留獲得のため近鉄球団は7億円まで積み、さらに数年間プレーすれば自由契約にするとまで約束したそうだが福留は首を縦には振らなかったと、関西のラジオ番組[[ゴー傑P]]という番組で佐々木は語っている。当時は[[読売ジャイアンツ|巨人]]と出来ていると思っていたがふたを開けてみると[[中日ドラゴンズ|中日]]だったのかと驚いたという。
 
1996年11月の[[1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト会議]]で、3位で近鉄が指名した[[礒部公一]]は当初[[オリックス・バファローズ|オリックス・ブルーウェーブ]]へ入団を希であっしていた。しかし、佐々木は交通の便が悪い[[広島県]][[東広島市]]の礒部の実家へ、球団が用意した[[ヘリコプター]]で近鉄の指名選手中一番先に会いに行き、その結果ヘリまで飛ばし挨拶に来てくれた熱意と、その場での説得で礒部は近鉄入団を決意した。
 
{{by|2001年}}監督の[[東尾修]]に請われライバルチームである[[埼玉西武ライオンズ|西武ライオンズ]]一軍ヘッド兼打撃コーチに電撃就任。{{by|2002年}}に中日ドラゴンズ一軍ヘッド兼打撃コーチとなり、同チームに入団した福留と再会する。{{by|2003年}}のシーズン終盤で監督の[[山田久志]]が解任(名目上は「休養」)されたため、[[監督代行]]として20試合指揮を執った。
 
[[2004年]]から[[2009年]]まで再び、毎日放送野球解説者、スポーツニッポン野球評論家として活動し{{by|2007年}}には[[韓国野球委員会|韓国]]の[[三星ライオンズ]]春季キャンプ中の特別打撃コーチを務めた。そしてペナントレース終盤(9月 - )同チームの臨時コーチを2008年まで務めた。[[2005年]]、[[愛知県]]の[[中部日本放送]]でレギュラー出演していたテレビ番組で、佐々木の公式戦予想が外れた罰ゲームとして、当時首位だった阪神を中日が追いかけるという意味で「トラの尻尾をつかむ」と称して、動物園でトラのオリに入って本物のトラの尻尾をつかまされるというバラエティタレント並みの企画を実行させられた。
[[2005年]]、[[愛知県]]の[[中部日本放送]]でレギュラー出演していたテレビ番組で、佐々木の公式戦予想が外れた罰ゲームとして、当時首位だった阪神を中日が追いかけるという意味で「トラの尻尾をつかむ」と称して、動物園でトラのオリに入って本物のトラの尻尾をつかまされるというバラエティタレント並みの企画を実行させられた。
 
{{by|2008年}}8月に行われた日本ハム対オリックス戦([[GAORAプロ野球中継]])で、「オリックスはどうでもいい」などオリックスを侮辱する発言が目立ったため、ブログに批判的な意見が多く集まってコメント欄が閉鎖になった。その試合はオリックスが勝っている。シーズン終了後、この年オリックスが2位に躍進した理由を「[[テリー・コリンズ (野球)|コリンズ]]効果ですよ。みんなそう言ってます」と語っていたが、司会の[[辻よしなり]]や[[磯山さやか]]は佐々木の発言に困惑していた。その後、スカパーで放送された[[2009年]]の順位予想ではオリックスを優勝候補に挙げた。最終的にはスポニチの順位予想では西武優勝、オリックス2位の順位予想に変更している。
|109||330||293||30||59||8||0||6||85||30||9||5||5||2||26||0||4||39||3||.201||.274||.290||.564
|-
|style="text-align: center"|{{by2|1978}}
|109||426||376||47||133||19||2||9||183||62||8||7||6||'''10'''||30||0||4||23||10||'''.354'''||'''.398'''||.487||.884
|-
 
=== 記録 ===
* 初出場:1972年4月8日、対[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテオリオンズ]]1回戦([[東京スタジアム (野球場)|東京スタジアム]])
* [[オールスターゲーム (日本プロ野球)|オールスターゲーム]]出場:2回 (1975年、1978年)
* 通算1000試合出場 1981:1981年7月12日(223人目)
 
=== 背番号 ===
 
== 関連情報 ==
=== 過去の出演番組 ===
* [[BANG BANG BASEBALL|ザ・プロ野球]]
* [[MBSタイガースライブ|MBSタイガースナイター]](1993年 - 1995年、2000年、2004年 - 2009年)
 
=== 著書 ===
* 遥かなる野球少年(情報センター出版局 1994/11):1994年11月) ISBN 4795816921
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプReflist}}
<references />
 
== 関連項目 ==
* [[兵庫県出身の人物一覧]]
* [[大阪近鉄バファローズの選手一覧]]
* [[江夏の21球]]
 
== 外部リンク ==
1,739

回編集