「一色義定」の版間の差分

 
== 経歴 ==
剛勇に優れ、父義道と共に[[織田信長]]配下の長岡藤孝(細川藤孝)の[[丹後国|丹後]]侵攻を退けたという。[[1579年]]に義道が[[自害]]すると一色家の[[家督]]を継承し、[[弓木城]]で残党を率いて織田方に抗戦した。信長の意向もあり抗戦に手こずった藤孝は光秀の助言により政略結婚によって和議を結び、以後、丹後を[[長岡氏]]([[細川氏]])と分割統治した。中郡・竹野郡・熊野郡のいわゆる奥丹後を領した義定(長岡氏は加佐郡・与謝郡を領有した)は織田政権の丹後守護として[[1581年]]の[[京都御馬揃え]]にも参加し、織田氏の甲斐武田氏の討伐戦にも口丹後の長岡氏(細川氏)と共に参戦している
 
また国許においては[[弓木城]]を居城にして城下町を形成し丹後北半国を統治した。1582年の[[山崎の戦い]]では直接の上司である[[明智光秀]]に味方する(長岡氏は上司である明智光秀に背く)。
抗戦に手こずった藤孝は政略結婚によって和議を結び、以後、丹後は[[長岡氏]]([[細川氏]])と分割統治した。北丹後を領した義定は丹後守護として[[1581年]]の[[京都御馬揃え]]にも参加し、[[武田氏|甲斐武田氏]]の討伐戦にも南丹後の長岡氏(細川氏)と共に従軍している。
 
[[弓木城]]を居城にして丹後北半国を統治した。1582年の[[山崎の戦い]]では[[明智光秀]]に味方した。戦後、天下を掌握しつつあった[[豊臣秀吉|羽柴秀吉]]から義定による謀反企図の報に接し、南丹後の細川氏によって細川長岡氏の居城である[[宮津城]]にて内で謀殺された。その際、城内の家臣や城下の雑兵100人も[[松井康之]]、[[米田求政]]率いる軍勢に討ち取られ、弓木城も降伏した。なお、妻伊也は降伏した際に細川長岡氏に戻っている。
 
== 備考 ==
607

回編集