「八ツ森駅」の版間の差分

編集の要約なし
m
|画像 = YatsumoriEki2005-10a.jpg
|pxl =
|画像説明 = ホーム(2005([[2005]]10月)
|よみがな = やつもり
|ローマ字 = Yatsumori
[[File:YatsumoriEki2005-10b.jpg|thumb|240px|駅入口(2005年10月)]]
[[File:YatsumoriEki2005-10c.jpg|thumb|240px|駅名標(2005年10月)]]
 
'''八ツ森駅'''(やつもりえき)は、[[宮城県]][[仙台市]][[青葉区 (仙台市)|青葉区]]新川字深沢にある、[[東日本旅客鉄道]](JR東日本)[[仙山線]]の[[鉄道駅|駅]]([[臨時駅]]、[[休止駅]])である。
 
[[2002年]]([[平成]]14年)<!-- 5月 ←もみじ号なら秋ではないのでしょうか? 疑問なのでコメントアウトとします。下記の歴史の欄も同様にコメントアウトしました。 -->に[[快速列車|快速]]「ホリデーもみじ号」が停車したのを最後に、[[2009年]](平成21年)現在、[[臨時列車]]を含めて当駅に停車する列車は存在しない。
 
== 駅構造 ==
 
== 歴史 ==
[[奥羽山脈]]を貫通する区間が開通して[[仙山線]]が全通した[[1937年]]([[昭和]]12年)[[11月10日]]、付近にあった[[八森スキー場|八森(はつもり)スキー場]]の利用者のために新設区間に仮乗降場として設けられた。当初は枕木を並べただけのホームだった。[[日本国有鉄道]]が[[1961年]](昭和36年)に新川ラインを整備すると、他の季節にも山歩きを楽しむ人が訪れるようになった。[[1967年]](昭和42年)度(4月から翌年3月)の一日平均乗降客数は145人であった<ref>『宮城町誌』本編(改訂版)705-707頁。</ref>。
 
[[1970年]](昭和45年)に八森スキー場が廃止されると利用客が減り、春と秋にわずかな臨時列車が止まるだけになり、21世紀初めにそれも絶えた。
 
* [[1937年]]([[昭和]]12年)[[11月10日]] - 八ツ森仮乗降場開業。
* [[1987年]](昭和62年)[[3月31日]] - 臨時駅になる。
** [[3月31日]] - 臨時駅になる。
* [[1987年]](昭和62年)4月1日 - [[国鉄分割民営化]]により、東日本旅客鉄道の駅となる。
** [[2002年4月1日]]([[平成]]14年)<!- - [[5月国鉄分割民営化]] --> - これより列車、東日本旅客鉄道停車はなく駅となる。
* [[2002年]]([[平成]]14年)<!-- 5月 --> - これより列車の停車はなくなる。
 
== 隣の駅 ==
; 東日本旅客鉄道
: {{Color|#77dd00|■}}仙山線
:: [[作並駅]] - '''八ツ森駅''' - [[奥新川駅]]
 
== 関連項目参考文献 ==
* 仙台市「宮城町誌」改訂版編纂委員会『宮城町誌』本編(改訂版)、仙台市役所、[[1988年]](昭和63年)。原著は宮城町誌編纂委員会により、[[1969年]](昭和44年)発行。
* [[日本の鉄道駅一覧]]
* [[面白山高原駅]]([[スノーパーク面白山]]へのアクセス駅として当駅と同時開業)
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflistReflist}}
 
== 参考文献関連項目 ==
* [[日本の鉄道駅一覧]]
* 仙台市「宮城町誌」改訂版編纂委員会『宮城町誌』本編(改訂版)、仙台市役所、1988年。原著は宮城町誌編纂委員会により、1969年発行。
* [[面白山高原駅]]([[スノーパーク面白山]]へのアクセス駅として当駅と同時開業)
 
== 外部リンク ==
匿名利用者