「観賢」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''観賢'''(かんげん、[[854年]]-[[925年]])は、[[平安時代]]中期の[[真言宗]]の[[僧]]。俗姓は秦氏とも伴氏ともされ出自については不詳である。[[讃岐国]]の出身。般若寺僧正とも称される。
 
[[真雅]]について[[出家]]・受戒して、[[聖宝]]に[[三論宗|三論]]・[[真言密教]]の教学を学んで[[灌頂]]を受けた。[[900年]](昌泰3年)[[仁和寺]][[別当]]となり、その後権律師・[[東寺]]長者・[[醍醐寺]]座主・[[金剛峰寺]]検校を歴任し、[[923年]](延長元年)には権僧正に任じられた。この間、[[般若寺]]を創建し、また奏請して[[空海]]に'''弘法大師'''の号を賜ったほか、空海が[[唐]]から請来した「三十帖冊子」を東寺の経蔵に納めて以後代々の真言宗長者の相承とするなど、東寺を中心として真言宗の再編を行った。
 
{{stub}}
匿名利用者