「はくちょう座61番星」の版間の差分

→‎概要: 地球と はくちょう座61番星との距離を求めたのは1838年
m (r2.6.1) (ロボットによる 追加: no:61 Cygni)
(→‎概要: 地球と はくちょう座61番星との距離を求めたのは1838年)
はくちょう座61番星の[[固有運動]]は非常に大きく、地球から見るとほんの150年で[[満月]]の直径分の距離を移動するほどである。
 
[[年周視差]]を用いて恒星までの距離を測定する方法が考案されると、当時知られている恒星のうち最大の固有運動をもつはくちょう座61番星は格好のターゲットとされた。そのため、はくちょう座61番星は(太陽を除いて)史上はじめて地球との距離が確定された恒星となった。この業績は、[[18301838年]]に[[フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル]]によって達成され、現在用いられている11.4[[光年]]という数値に非常に近い値を割り出したのである(このことから、彼に因んだ'''ベッセル星'''という名でも呼ばれる)。
 
その数年後、[[グルームブリッジ1830]]というさらに大きな固有運動をもつ恒星が発見された。しかしながら肉眼で見える恒星という条件であれば、はくちょう座61番星は最も大きい固有運動をもつといえる。
匿名利用者