「長母音」の版間の差分

編集の要約なし
(超長母音がウラル語族にのみ見られるという記述は誤りのため削除)
 
[[アメリカ合衆国]]で用いられている[[英語]]では、[[アクセント]]がある緊張母音は長母音になるが、長さ自体は意味の弁別に機能しない。
 
英語においてlong vowel (長母音)というと[[フォニックス]]教育の影響から、実際の発音の長短よりもアルファベットのA, E, I, O, Uと同じ読み方(文字名と)の母音を指すことが多い。したがって音声学的には記号ːで表される「長母音」であってもそう呼ばれない場合があり(短母音についても同様)、母音の長短については混乱を招きやすい。
 
==表記==