「ヤーコプ・グリム」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[画像:Grimm.jpg|thumb|200px|グリム兄弟(絵画)]]
 
'''ヤーコプ・ルートヴィヒ・カール・グリム'''(Jacob ({{lang-de-short|Jacob Ludwig Carl/Karl Grimm}}, [[1785年]][[1月4日]] - [[1863年]][[9月20日]]) は、[[ドイツ]]の[[言語学者]]で[[文学者]]、並[[法学者]]。またドイツの[[文献学]]及び[[古代史]]研究の礎をも築いたといわれる。名前のKarlを、正しくはCarlという説もある。その生涯と業績は[[ヴィルヘルム・グリム]]のそれと密接に絡み合っており、その部分については[[グリム兄弟]]の項を参照。
 
== 生涯 ==
ヤーコプ・グリムは、その子ども時代を[[シュタイナウ]]で過ごした。彼の父が[[官吏]]としてその地に赴任したためである。彼は[[1798年]]弟ヴィルヘルムと共に[[カッセル]]のリツェウムに入学した。1802年彼は[[フィリップ大学マールブルク|マールブルク大学]]に入学、そこで[[フリードリヒ・フォン・サヴィニー]]の元で法学を学んだ。彼の法制史の研究と[[ヴァッハラー]]の講義により、彼はドイツ語とその文学の歴史的な発展に注意を向けるようになる。サヴィニーが、1804年中世におけるローマ法の研究のために[[パリ]]に赴いた時、サヴィニーは、あとからグリムをかの地に呼び寄せる。しかし、グリムはまもなく法学の研究に嫌気がさすようになり、書簡でサヴィニーに自分はまもなくドイツの古い文献の研究にできることなら生涯を捧げたいというつもりで居ることを打ち明ける。
 
[[1805年]]9月、カッセルの母の居る実家に戻り、彼は兵学校に職を得るが、一年とたたない内にその職場が解散されることになり、その職を失うことになる。1808年、母親が亡くなった後、彼が家族を養う必要が生じ、ウェストファーレンの国王[[ジェローム・ボナパルト]]のもとで図書館員の職を得る。1809年2月には、国家顧問(Staatsrat) ({{lang|de|Staatsrat}}) にも任じられた。職務の性格上、許される余暇を彼は古い[[ドイツ語]]による詩歌や言語の研究に費やした。1806年以降は、弟ヴィルヘルムと共に童話の聞き取り調査を行い、それを清書し、編集した。
 
[[ヘッセン選帝侯国]]の再建と共にグリムは、ジェローム王の私的[[図書館員]]としての地位を失ったが、それでもなお復帰した選帝侯の外交スタッフの中に引き続き地位を与えられた。1814/15年の[[ウィーン会議]]ではヘッセン選帝侯国の特使秘書として彼は大いに働き、その後パリでは奪われた芸術品のヘッセンと[[プロイセン]]への返還交渉にも短期間ではあったが係わった。
1829年主席図書館司書が死去した際、グリム兄弟はその後任に指名されることを期待したが、その願いは叶えられず、2人は新たなポストを探し始める。1830年ヤーコプ・グリムは、[[ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン|ゲッティンゲン大学]]から教授での招聘を受ける。ここで彼は1837年[[ゲッティンゲン7教授事件]]に連座し、その地位を奪われ、その地から追放処分を受けることになる。1841年プロイセン国王[[フリードリヒ・ヴィルヘルム4世]]の招きで[[ベルリン]]に移り、[[プロイセン学士院]]の一員に推挙され、[[フンボルト大学ベルリン|ベルリン大学]]で法学の講義を担当することになる。だが、彼が[[ゲルマニステン]]の立場に立ったことにより、学説上対立関係にあった[[ロマニステン]]の名実ともに中心人物であった師・サヴィニーとの訣別を意味することになった。また、1848年の[[フランクフルト国民議会]]では、議員として名誉席を与えられた。
 
彼はその死に至るまで約20年間ベルリン大学で教鞭を採り、そこでその弟と共にドイツ語辞典 (Deutsch Woerterbuch) の編纂に携わった。これは彼が[[マルチーティン・ルター|ルター]]から[[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ|ゲーテ]]に至るまでの著作から集めてきた近代[[高地ドイツ語]]の語彙のすべてを網羅しようとするものであった。[[ドイツ語辞典]]はその膨大さから、グリムの死後100年近くたった1961年、冷戦時代の東西両ドイツの協力を得てまで完成した程である。
 
弟ヴィルヘルムと共に彼は、ゲルマンの古典文献学、[[ゲルマン語]]学、そしてドイツ文献学の基礎を築いたといわれる。「ドイツの職匠歌人の歌について」のような論文は、[[カール・ラッハマン]]の研究と並んで、中世の[[ドイツ文学]]の第一級の不朽の業績と見做されている。また、『ドイツ神話学』において、彼は現代に至る比較[[神話学]]や[[民俗学]]の基礎をも築いた。
 
ヤーコプ・グリムは、自らの立場を貫徹するためには論争や競合する場合には誹謗も辞さず、徹頭徹尾挑戦的で、いかなる場合にも真正面から渡り合うことを自らの学問のスタイルとした。ドイツ語の文献学、即ち今で言うゲルマン学の創成期の神話には、[[フリードリヒ・ハインリヒ・フォン・デア・ハーゲン]] ([[:de:Friedrich Heinrich von der Hagen|de]], [[:en:Friedrich Heinrich von der Hagen|en]]) と[[ヨーハン・G・G・ビュッシング]]に対するいわゆる「学問戦争」も含まれる。
 
両兄弟は、その共同作業の産物である『グリムの子どもと家庭の童話』(全2巻、1812年-1815年)と『ドイツ語辞典』(1838年- 、第1巻 1854年)によりその名を知られるようになった。
さらに、ヤーコプ・グリムは、1822年「第一音声推移」を書いて、最初の発音法則を定めた。[[アングロサクソン]]の国々では、これは[[グリムの法則]]として知られているものである。
 
ドイツ語辞典の「実り」(Frucht) (Frucht) の項を書き終えて、ヤーコプ・グリムは、1863年9月20日に亡くなった。彼はベルリン-シェーネベルクの[[旧聖マティウス墓地]]の名誉墓地に埋葬された。
 
彼の遺稿、並びに彼の書き込みのある蔵書の書籍の大部分は、[[ベルリン国立図書館]](SBB (SBB-PK)PK) に収蔵された。彼の名前にちなんで命名されたヤーコプ・グリムスクールがカッセルにある。
 
== 著作 ==
843

回編集