「オズワルド・ヴェブレン」の版間の差分

m
内部リンク修正
m (Reverted edit of 43.244.33.97, changed back to last version by YurikBot)
m (内部リンク修正)
'''オズワルド・ヴェブレン'''('''Oswald Veblen''', [[1880年]][[6月24日]] - [[1960年]][[8月10日]])は[[アメリカ]]の[[数学者]]。 専門は[[幾何学]]。『有閑階級の理論』などで知られる[[経済学者]][[ソースティン・ヴェブレン]]の甥として、[[アイオワ州]]ディコーラに生まれる。[[1898年]]、[[アイオワ大学]]で学士号取得後、[[1900年]]には[[ハーバード大学|ハーヴァード大学]]でも学士号を取得。その後[[シカゴ大学]]大学院で学び、[[1903年]]に[[イライアキム・ムーア]]の指導のもと博士号を取得した。
 
以後、[[1905年]]から[[1932年]]まで[[プリンストン大学]]数学部で教え、この間に[[ジェームズ・アレキサンダー]]、[[アロンゾ・チャーチ]]、[[J・H・C・ホワイトヘッド]]ら多くの弟子を育てた。[[1910年]]には教授に就任。[[第1次世界大戦]]に際しては軍務につき、[[少佐]]の階級を帯びて弾道計算に携わった。[[1923年]]から[[1924年]]にかけては[[アメリカ数学会]]会長を務め、数学に対する研究助成増額のために奔走。[[1929年]]にはプリンストン大学数学部の建物となる「ファイン・ホール」の建設が計画されたが、このとき建物のデザインに関して、数学者間の交流を重視したヴェブレンのアイデアが大きく取り入れられることになった。[[1932年]]、[[プリンストン高等研究所]]の立ち上げに参画し、自身も同研究所教授に就任。[[第2次世界大戦]]は[[コンピュータ]]「[[ENIAC]]」の開発にも参加した。
 
ヴェブレンは[[射影幾何学|射影幾何]]、[[位相幾何学|トポロジー]]、[[微分幾何学|微分幾何]]の分野において多大な業績を残し、特に微分幾何における仕事は[[相対性理論|相対論]]の研究にも大きな影響を与えた。[[1933年]]に弟子のJ・H・C・ホワイトヘッドと共同で書かれた『微分幾何学の基礎』は、[[多様体#微分可能多様体|微分可能多様体]]の定義を初めて与えたものとして知られている。また、[[1905年]]には[[ジョルダン曲線定理]]を証明したことでも有名。
439

回編集