「安田好弘」の版間の差分

(→‎自著: 文庫版の情報を追記)
* [[1999年]] 死刑廃止運動への貢献が認められ、[[多田謡子反権力人権賞]]受賞
 
== 主な担当事件 ==
=== 刑事事件 ===
*; [[新宿クリスマスツリー爆弾事件]]、[[仙台米軍通信施設爆破事件]]
:: [[1980年]]より、被告人の弁護人に選任される。判決は無期懲役。
*; [[埼玉県]][[宮代町母子殺人放火事件]]
:: 1980年より、被告人ら(兄弟)の弁護人に選任される。求刑通り兄は死刑、弟は無期懲役。
*; [[新宿西口バス放火事件]]
:: 1980年より、[[被告人]](男性)の弁護人に選任される。死刑が求刑されたが、判決は無期懲役。被告人は[[1997年]]に[[自殺]]。
*; [[グラントハイツ強盗予備・致死事件]]
:: [[1982年]]より、被告人の弁護人に選任される。
*; [[北海道庁爆破事件]]
:: [[1983年]]より、被告人の弁護人に選任される。判決は求刑通り死刑であり、判決確定後、再審請求するも棄却。
*; [[宇都宮病院事件]]
:: [[1984年]]より、リンチ殺人の被告人とされた宇都宮病院の院長及び[[看護師]]ら5名の弁護人に選任される。
*; [[山梨幼児誘拐殺人事件]]
:: 1985年より、控訴審から被告人の弁護人に選任される。第一審判決は死刑であったが、控訴審判決では無期懲役となる。
*; [[ドバイ日航機ハイジャック事件]]・[[ダッカ日航機ハイジャック事件]]
:: [[1987年]]より、被告人・[[丸岡修]]の弁護人に選任される。判決は無期懲役。
*; [[山岳ベース事件]]・[[あさま山荘事件]]
:: [[1990年代]]、被告人・[[坂口弘]]の弁護人に選任される。
*; [[名古屋アベック殺人事件]]
:: [[1996年]]より、被告人(主犯少年ら)の弁護人に選任される。第一審判決は、主犯につき死刑であったが、控訴審判決では無期懲役となる。
*; [[オウム真理教事件]]
:: [[1995年]]より、被告人であるオウム真理教教祖[[麻原彰晃]](本名:松本智津夫)の国選弁護人として選任されるが、強制執行妨害の被疑事実で逮捕され(安田事件)、国選弁護人を解任される。その後、私撰弁護人として選任され、主任弁護人を務める。2006年9月15日、最高裁判所は特別抗告を棄却し、原判決の死刑判決が確定した。
*; [[和歌山カレー事件]]
:: [[2003年]]より、被告人・[[林真須美]]を控訴審から弁護。林真須美被告人と手紙を交換していた[[三浦和義]]が、安田に弁護を頼み込んだとされる。
*; [[構造計算書偽造問題|耐震強度偽装事件]]
:: [[2006年]]より、被告人である[[ヒューザー]]元代表取締役[[小嶋進]]の弁護人に選任される。
*; [[光市母子殺害事件]]
:: [[2008年]]より、上告審から弁護人に選任される。上告審において、原審(控訴審)の無期懲役判決が破棄され、原裁判所(広島高裁)に差戻された。差戻後の広島高裁は死刑判決を下した。
*; [[陸山会事件]]
:: [[2010年]][[1月]]、[[石川知裕]][[衆議院議員]]逮捕後の弁護人として、マスコミどに登場している。
 
=== 民事事件 ===
*; [[アイヌ肖像権裁判]]
:: [[1985年]]より、原告代理人。<!--和解(実質勝訴)。-->
 
== 光市母子殺害事件 ==
2,778

回編集