「ママス&パパス」の版間の差分

m (ロボットによる 変更: cs:The Mamas and the Papas)
 
== 関係者のその後 ==
キャス・エリオットはソロ活動で大成功を収めたが、[[1974年]]のツアーの最中に心臓発作により死去。[[1980年代]]に入り、1960年代に活躍したバンドが次々に再結成する中、ママス&パパスも女性陣のメンバーを変更した上で再結成し、[[1994年]]には初来日も果たしている。来日時のオリジナル・メンバーはデニーのみで、ジョンは腰を痛めてツアーから離れていた。代わりにジョンの「ジャーニーメン」時代の同僚であり、ジョンが書き下ろした「花のサンフランシスコ」のヒットで知られる[[スコット・マッケンジー]]が参加していた。ジョンとミシェルの娘チャイナは、[[ブライアン・ウィルソン]]の2人娘カーニーとウェンディとの3人で[[ウィルソン・フィリップス]]を結成、[[1990年]]~[[1993年]]の活動期間に「ホールド・オン」などの大ヒットを放った。
 
[[2001年]]にジョン・フィリップスが心臓疾患により、[[2007年]]にはデニー・ドハーティが腎不全により死去した。ミシェル・フィリップスは、主に女優として活躍し、『[[デリンジャー (曖昧さ回避)|デリンジャー]]』([[1973年]])や『バレンチノ』([[1976年]])などの代表作を持つ。
1,587

回編集