「よろずや平四郎活人剣」の版間の差分

(小説についての詳細を追加)
タグ: サイズの大幅な増減
: 30代の女。亭主は左官の下職をしている働き者だが、お六は一日中おしゃべりをしている。子が2人いるが放ったらかしである。
 
:; 徳平・おくま
: 隣の部屋の夫婦。夫は叩き大工(あまり高度な技量を必要としない仕事しか任されない大工)で、50歳近い。2人とも無類の好人物である。
 
; おとり
: 祈祷師の妻。
 
=== その他 ===
318

回編集