「上田保」の版間の差分

編集の要約なし
m (Bot: fix template usage.)
[[ファイル:Statue of Kinoshita and Ueda.jpg|thumb|right|210px|[[木下郁]]・上田保先生像(大分県大分市) - 左が上田保]]
'''上田 保'''(うえだ たもつ、 [[1894年]]([[明治]]27年)[[8月25日]] - [[1980年]]([[昭和]]55年)[[6月6日]])は日本の元[[弁護士]]、[[政治家]]で第3[[大分市長]](在任:[[1947年]](昭和22年)[[4月7日]] - [[1963年]](昭和38年)[[3月9日]])。大分市名誉市民でもある。
 
== 概要略歴 ==
[[1894年]](明治27年)[[8月25日]]、上田庫蔵・カネ夫妻の三男として[[大分郡]]豊府村(現[[大分市]]畑中)に生まれる。上京の末、27歳の時に[[弁護士]]試験に合格、その8年後の[[1929年]](昭和4年)には法律案内書「趣味の法律」を出版しベストセラーとなる。
上京の末27歳の時に[[弁護士]]試験に合格、その8年後の[[1929年]](昭和4年)には法律案内書「趣味の法律」を出版しベストセラーとなる。
 
その後[[1947年]](昭和22年)に大分市長に就任[[第二次世界大戦]]の[[大分空襲]]で被災し復興が遅れていた大分市を[[#奇抜なアイデア|後述するアイデア]]などでわずか5年でほぼ復興させた。
 
また、上田自身が敬虔なカトリック信者であったため、[[キリシタン殉教記念公園]]を建立するなどキリシタン文化の発展に貢献している。
 
[[1980年]](昭和55年)[[6月6日]]、[[心不全|急性心不全]]のため85歳で逝去。前大分県知事の[[平松守彦]]は娘婿
 
== 奇抜なアイデア ==
* [[日豊本線]][[西大分駅]]付近から[[大分港]]へと至る臨港線を設置した。
* 大分市大道と南大分を結ぶ[[国道210号]][[大道トンネル]]を建設した。
* [[大分鉄道管理局]](現[[九州旅客鉄道大分支社]])誘致した
* 大分市と[[鶴崎市]]、[[大分町]]、[[大南町]]、[[坂ノ市町]]、[[大在村]]との合併を行った。
* 当時作物を荒らしていた[[サル]]に餌付けを行い観光資源とするした([[高崎山自然動物園]]として現在に至っている)。
 
* また、市長退任後は、株式会社大分生態水族館を設立してその社長となり、大分生態水族館マリーンパレス(現在の[[大分マリーンパレス水族館]]、愛称:うみたまご)を建設。世界初の潮流式回遊水槽を設置し、餌付けショーを行う(これも見事に成功、開館から7年間にわたり、日本国内で最も入場者数の多い水族館となる)<ref>{{PDFlink|[http://www.nan-nan.jp/lib/ueda012a1.pdf 中川郁二『ロマンを追って 元大分市長上田保物語』最終章「思考回路」]}}</ref>
 
これらのアイデアは、今日の大分市の発展基盤を築いたものと言っても過言ではない。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
 
== 関連項目 ==