「マラン・メルセンヌ」の版間の差分

m (r2.6.4) (ロボットによる 変更: he:מרן מרסן)
 
メルセンヌの時代は今ほど通信手段が発達しておらず、研究者間の書簡のやり取りや議論が困難だったが、エティエンヌおよび[[ブレーズ・パスカル]]父子、[[ジラール・デザルグ]]、[[ジル・ド・ロベルヴァル]]など当代の一流の研究者や思想家達を招き、修道院の客間にて学問を論じ合う、メルセンヌ・アカデミーと称された広い交流を維持していた。この活動は1666年に創立される[[パリ科学アカデミー]]へと発展してゆく。その他にも、[[ピエール・ド・フェルマー|フェルマー]]や[[ルネ・デカルト]]、[[ガリレオ・ガリレイ]]や[[クリスティアーン・ホイヘンス|ホイヘンス]]や[[エヴァンジェリスタ・トリチェリ|トリチェリ]]などとも交流があり、科学的な雑誌がなかった当時のヨーロッパ中の学者たちの文通による交流の中心となり、学問の発達に大いに貢献した。
 
ルネ・デカルトの「方法序説」の中で提唱した有名な命題であり、デカルト自身はフランス語で記述していた『[[我思う、ゆえに我あり]]』のラテン語訳(cogito, ergo sum)を行った。
 
メルセンヌは[[ガリレオ・ガリレイ]]の積極的な支持者で、ガリレオ理論のコメント付き翻訳をフランスで初めて刊行している。
1,274

回編集