「ランダムウォーク」の版間の差分

しかし、点が正の領域にいる時間の割合<math>x</math>の分布は、<math>1/\pi \sqrt{x(1-x)}</math>の確率密度を持つ(負の領域にいる時間の割合は<math>1-x</math>)。これは<math>x=0</math>および<math>x=1</math>で無限大に発散するグラフである。
 
すなわち、正・負のそれぞれの領域に半々ずつ点がいる確率よりも、どちらかの領域に多くいる確率の方がはるかに高い結果となる<ref>[http://www.nara-wu.ac.jp/initiative-MPI/images/H18/nwu_only/Kosugi-12.4file.pdf ランダムウォークに関する話題から ―逆正弦法則について―]小杉のぶ子(東京海洋大学 海洋工学部)</ref><ref>[http://elis.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~nagahata/20070816/arcsin.pdf ”つき”の数理-逆正弦法則について]大阪大学基礎工学研究科会田研究室</ref>
<!--しかし、コインを一度投げて表が出た場合、通常ならば次に表と裏が出る確率は共に二分の一であるはずだが、実際には裏が出る確率よりも表である確率の方が高い。←ランダムウォークとは異なる-->
 
== 基本的性質 ==
1,810

回編集