「広島宝塚1・2・3」の版間の差分

編集の要約なし
末期は、[[アニメ]]作品(主に[[ドラえもん映画作品|ドラえもん]]、[[クレヨンしんちゃん (アニメ)#劇場版|クレヨンしんちゃん]]、[[ポケットモンスター (劇場版)|ポケットモンスター]])は宝塚1・2・3では上映されず、近隣の[[シネマコンプレックス]]での上映に移行している。また、[[2009年]]]](平成20年)[[9月6日]]に[[広島スカラ座]]が、[[11月13日]]に[[広島東映・広島ルーブル|広島東映・ルーブル]]が閉館したため、[[松竹]][[東急レクリエーション|東急]]系の洋画と邦画作品(例:『[[おとうと (2010年の映画)|おとうと]]』『[[ソーシャル・ネットワーク (映画)|ソーシャル・ネットワーク]]』等)も一部上映されるなど、番組編成が徐々にフリー化していった。
 
[[2011年]](平成23年)6月に同年8月末での閉館を発表。8月31日、午後6時42分終映の『[[コクリコ坂から]]』を持って閉館した。広島宝塚の閉館で、広島市内から[[序破急 (企業)|序破急]](シネツイン・サロンシネマ・八丁座)や成人館などを除いて、広島市中心部から大手映画会社系映画館は消滅した。
 
[[2011年]](平成23年)[[9月27日]]に東宝が跡地利用計画を発表した<ref>{{PDFlink|[http://www.toho.co.jp/4less/cgi-bin/cs4view_obj.php/ir_disclosure/264/11.09.27%E5%BA%83%E5%B3%B6%E9%96%8B%E7%A4%BA.pdf 広島宝塚会館 再開発計画の概要}} - 東宝株式会社 2011年9月27日プレスリリース 2011年10月10日確認</ref>。これまでの建物を取り壊し、地下1階地上14階の建物を建築。1階から3階には[[パルコ]]が出店。本館・新館に次いで3館目になる。新設する施設は、新形態の店舗を予定している<ref>{{PDFlink|[http://www.parco.co.jp/group/pdf/press_110927.pdf 広島宝塚会館 再開発ビルへの出店について]}} - 株式会社パルコ 2011年9月27日プレスリリース 2011年10月10日確認</ref>。4階から14階には、[[藤田観光]]が運営する[[ワシントンホテル (藤田観光)|広島ワシントンホテル]]が入居する<ref>[http://www.fujita-kanko.co.jp/news/724e8187911ecda.html 2013年秋 広島ワシントンホテル開業] - 藤田観光 2011年10月10日確認</ref>
<ref group="脚注">1993年10月から2006年9月まで、『広島ロイヤルワシントンホテル』→『広島ワシントンホテルプラザ』(現・[[オリエンタルホテル広島]])が存在したが、そちらの運営元は[[ワシントンホテル]]で、運営元が異なる</ref>。
 
== 沿革 ==
* [[1971年]](昭和46年)[[8月2日]]:全面改築し、「広島宝塚劇場」(3階)、「宝塚地下劇場」(後の「広島宝塚3」。地下1階)の2館体制となる。
* [[1995年]](平成7年):新天地レジャービル5階の'''宝塚4'''(座席数200)を加え4館体制となる。
* [[2004年]](平成16年)[[5月]]:宝塚4をサロンシネマなどを運営する「[[序破急 (企業)|株式会社序破急]]」に譲渡(→'''シネツイン新天地''')し3館体制に戻す。
* [[2008年]](平成20年)[[2月1日]]:運営会社が[[東宝関西興行]]から[[関西共栄興行]]に変更。
* [[2011年]](平成23年)[[6月]]:近隣の[[シネマコンプレックス]]<ref group="脚注">同劇場を中心とした10km圏内には[[広島イースト#ワーナー・マイカル・シネマズ広島|ワーナー・マイカル・シネマズ広島]]、[[イオンモール広島府中ソレイユ#広島バルト11|広島バルト11]]、[[フジグラン緑井#TOHOシネマズ緑井|TOHOシネマズ緑井]]、[[アルパーク#109シネマズ広島|109シネマズ広島]]の4サイトが存在する。</ref>に客足を奪われたことや、建物の老朽化などの事情により閉館を発表する<ref>{{Cite web|date=2011-06-07|url=http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201106070077.html|title=最後の老舗 広島宝塚閉館へ|publisher=中国新聞|language=日本語|accessdate=2011-07-15}}</ref>。