「公事宿」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: ''''公事宿'''(くじやど)は、公事訴訟や裁判のために地方から来た者を宿泊させた江戸時代宿屋。'''...')
 
編集の要約なし
'''公事宿'''(くじやど)は、公事訴訟や[[裁判]]のために地方から来た者を宿泊させた[[江戸時代]]の[[宿泊施設|宿屋]]。'''公事人宿'''・'''出入宿'''・'''郷宿'''・'''御用宿'''とも呼ばれた。
 
== 概要 ==
「公事宿」という名称は主に[[江戸]]の宿屋に用いられ、地方の[[城下町]]や代官所の[[陣屋]]近くにあった宿屋は「郷宿」(ごうやど)と呼ばれることが多かった。両者を総称して「御用宿」(ごようやど)ともいう。また、江戸の公事宿は旅人宿と百姓宿に分けられるが、両者をまとめて江戸宿と呼ぶこともあった。[[大坂]]では、[[大坂町奉行|大坂町奉行所]]の御用を勤めた御用宿を用達(ようたし)と呼んだ。
 
江戸の公事宿は、[[馬喰町]][[小伝馬町]]旅人宿、八拾弐軒百姓宿、三拾軒百姓宿、それに十三軒組があり、それぞれ仲間組織を形成していた。旅人宿は[[町奉行|町奉行所]]と、八拾弐軒組は[[勘定奉行|公事方勘定奉行所]]、三拾軒組は馬喰町御用屋敷とそれぞれ密接な関係にあり、百姓宿はそれぞれの役所の近辺に建てられていることが多かった。
 
== 役割・業務 ==
江戸時代では、[[農村]][[農民]]の居住空間であり、支配階級である[[武士]]は基本的には農村周辺にはいなかった。そのため、何らかの公事訴訟を起こす必要が発生した時、農民は江戸の奉行所や、領主のいる陣屋や城下町に出向き、公事の手続きをしなければならなかった。
 
公事宿は、そうした農民たちのための宿泊施設を提供した。そして、彼らが役所に提出する願書や証文、訴状など諸々の書類の作成・清書、手続きの代行や、[[弁護人]]的な役割もこなした。他にも御用状や触書、差紙(さしがみ)<ref>役所から通達される召喚状。</ref>などの公式文書の町村への通達、[[手鎖]]をかけられた未決囚の[[預 (刑罰)|宿預]]も行った。
{{DEFAULTSORT:くしやと}}
[[Category:江戸時代]]
[[Category:江戸]]
[[Category:宿泊施設]]
 
{{japanese-history-stub}}
37,316

回編集