「酒井亨」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{Notice|このページについてノートで議論中です。|small=yes}}
'''酒井 亨'''(さかい とおる、[[1966年]]2月 - )は日本の[[ジャーナリスト|フリージャーナリスト]]。[[石川県]][[金沢市]]出身。
 
==略歴==
[[金沢大学附属高等学校]]、[[早稲田大学]]政治経済学部卒業、[[台湾大学]]法学研究科修士課程修了。
2010年度後期[[神戸大学]][[大学院国際協力研究科]][[客員教授]]([http://www.research.kobe-u.ac.jp/gsics-publication/jics/sakai_19-1.pdf 『国際協力論集』第19巻第1号 pp.139脚注])。
 
[[台湾]]を拠点にして東アジアや中東の政治、経済、文化について雑誌記事、単著を発表している。また、ハンドルネーム「むじな」で自身のブログ「むじな@台湾よろず批評ブログ」から情報発信している。
* 『加速する「脱・中国経済」取り残された日本の行方 ──逃げ出す台湾、そして世界』ISBN 9784863910157 ([[晋遊舎]]ブラック新書、2009年)
* 『「親日」台湾の幻想』ISBN 9784594062606([[扶桑社]]新書、2010年)
* 『台湾人には、ご用心!×夜市:ワンテーマ指さし会話』ISBN 9784883205455(9784795843035 ([[三五館情報センター出版局]]新書20112010)。
* 『台湾人には、ご用心!』ISBN 9784883205455([[三五館]]、2011年)
 
=== 翻訳 ===
*「(台湾語)探求Holo台語中間e非漢語語詞--羅馬字書写法e正当性」『台湾民族普羅大衆e語文--白話字 2002台湾羅馬字教学kap研究国際学術研討会論文選集』台北:台湾羅馬字協会、2003年。
*「台湾の日本大衆文化受容、『哈日族(ハーリーズー』についての考察」、伊藤陽一・編『文化の国際流通と市民意識』、慶応義塾大学出版会、2007年1月、pp.91-114。
* 「台湾の民主化アクター再考 ―1980年代環境汚染をめぐる「自力救済」運動を中心に」『国際協力論集』、神戸大学大学院国際協力研究科、第19巻第1号(2011年7月)、pp.139-153[http://www.research.kobe-u.ac.jp/gsics-publication/jics/sakai_19-1.pdf]
 
 
 
== 外部リンク ==
* [http://blog.goo.ne.jp/mujinatw むじな@台湾よろず批評ブログ]
* [http://www.research.kobe-u.ac.jp/gsics-publication/jics/ 神戸大学大学院国際協力研究科 国際協力論集]
 
 
匿名利用者