「広島県道・岡山県道102号下御領井原線」の版間の差分

編集の要約なし
|廃止年 =
|道路の方角 = 西→東
|起点 = [[広島県]][[福山市]][[神辺町]]下御領
|起点方角 = 西
|終点 = 岡山県井原市上出部町(しもいずえちょう)
|接続する主な道路 = [[広島県道181号下御領新市線]] <br />[[国道313号]]〔[[国道486号]]重用〕<br />[[神辺バイパス]] <br />[[広島県道189号福山上御領線]]<br />[[岡山県道・広島県道3号井原福山港線]]<br />[[岡山県道34号笠岡井原線]]
}}
'''広島県道・岡山県道102号下御領井原線'''(ひろしまけんどう・おかやまけんどう102ごう しもごりょういばらせん)は[[広島県]][[福山市]][[神辺町]]下御領と[[岡山県]][[井原市]]上出部町(かみいずえちょう)を結ぶ[[都道府県道|一般県道]]である。
 
== 概要 ==
 
== 沿革 ==
* [[1972年]][[11月24日]] - [[岡山県]]告示第1,192号および[[広島県]]告示第983号により認定される。
** 県道路線についてその頃現行の番号体制に変更した岡山・広島両県では現行番号で認定された初めての路線である(岡山県側はこの路線一つだけだったが、広島県側では他に13路線あった)。
* [[2006年]][[3月1日]] - [[深安郡]][[神辺町]]が福山市に編入されたことに伴い広島県側は全区間福山市域のみを通る路線になり、併せて起点の地名表記が変更される(深安郡神辺町下御領→福山市神辺町下御領)。
 
== 沿線の地理 ==
匿名利用者