「カルロス2世 (スペイン王)」の版間の差分

編集の要約なし
| 全名 =
| 出生日 = [[1661年]][[11月6日]]
| 生地 = {{ESP}}、[[マドリ-ド王宮]]{{enlink|Royal Alcazar of Madrid|a=on}}
| 死亡日 = {{死亡年月日と没年齢|1665|9|17|1700|11|1}}
| 没地 = {{ESP}}、[[エル・エスコリアル]]
| 継承者 =
| 継承形式 =
| 配偶者1 = [[マリー・ルイーズ・ドルレアン|マリア・ルイサ・デ・オルレアン]] (1679(1679年 - 1689)年)
| 配偶者2 = [[マリア・アンナ・フォン・プファルツ=ノイブルク|マリア・アナ・デル・パラティナド=ニオブルゴ]] (1689(1689年 - 1700)年)
| 配偶者3 =
| 配偶者4 =
}}
 
'''カルロス2世'''('''Carlos II''', [[1661年]][[11月6日]] - [[1700年]][[11月1日]])は、[[スペイン・ハプスブルク朝|アブスブルゴ家]]最後の[[スペイン]]国王(在位:[[1665年]] - 1700年)。[[フェリペ4世 (スペイン王)|フェリペ4世]]と[[マリアナ・デ・アウストリア|マリアナ]]王妃の息子である。[[フランス王国|フランス]]王[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]妃[[マリー・テレーズ・ドートリッシュ|マリア・テレサ]]は異母姉、[[神聖ローマ皇帝]][[レオポルト1世 (神聖ローマ皇帝)|レオポルト1世]]の最初の皇后[[マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ|マルガリータ・テレサ]]は同母姉に当たる。[[庶子|庶出]]の異母兄は[[オニャテ伯]]・宰相の[[フアン・ホセ・デ・アウストリア]]がいる
 
== 生涯 ==
=== 精神疾患 ===
[[File:Carlos segundo80.png|thumb|250px|left|カルロス2世の先祖の家系図]]
カルロス2世はスペイン王であると共に、[[ナポリ王国]]、[[シチリア王国]]などの[[南イタリア]]のほぼ全土の王であった。スペインの海外領土である[[フィリピン]]や[[メキシコ]]にも勢力を及ぼした。スペイン・ハプスブルク家最後の男子であり、彼の出生をスペイン国民は喜んだ。しかし、出生時から病弱な人物であり、当時その理由は「呪いをかけられたため」と一般に考えられており、カルロス2世自身もそう思っていた。現在では、彼が病弱だった理由はおそらく[[ハプスブルク家]]の何重もの[[近親婚]]<ref>父母は[[叔姪婚|伯父と姪の関係]]であり、また父フェリペ4世の妹マリア・アナはカルロス2世にとって叔母であると同時に祖母でもある。曾祖父フェリペ2世も伯父と姪の結婚。詳細は系図を参照。</ref>であろうと考えられている。
 
カルロス2世は[[先端巨大症]]のため、咀嚼に影響があり、常によだれをたらしていた。他にも[[てんかん]]等いくつかの病気を患っていたと推測されている。また[[知的障害]]もあったらしく、特に幼少期には衣服を身につけた動物のようであり、教育らしい教育をすることも困難であったという。
 
=== 結婚・一族 ===
1679年には[[オルレアン家|オルレアン公]][[フィリップ1世 (オルレアン公)|フィリップ]](フランス王[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]の弟)の娘[[マリー・ルイーズ・ドルレアン|マリア・ルイサ]]と結婚した。しかしカルロス2世は性的には不能だったと推測され、子供を作ることが出来なかった。マリア・ルイサは[[1689年]]に27歳で死去した。カルロス2世は後添いとして[[ライン宮中伯|プファルツ選帝侯]][[フィリップ・ヴィルヘルム (プファルツ選帝侯)|フィリップ・ヴィルヘルム]]の娘[[マリア・アンナ・フォン・プファルツ=ノイブルク|マリア・アナ]]を娶ったが、この結婚も成功ではなかった。やがてカルロス2世の[[精神障害]]の症状は悪化し、先妻の遺骸を掘り起こして手元に置くなどの奇行が始まる。こうした奇行を自殺願望の現れ(ただし[[カトリック教会|カトリック教徒]]として自殺は出来なかった)と見る歴史家も居る。
 
後継者を迎える必要から、[[1698年]]に[[続柄#大甥|又甥]]に当たる[[ヨーゼフ・フェルディナント (アストゥリアス公)|ヨーゼフ・フェルディナント]](母方の叔父の[[神聖ローマ皇帝]][[レオポルト1世 (神聖ローマ皇帝)|レオポルト1世]]と同母姉[[マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ|マルガリータ・テレサ]]の孫)を[[アストゥリアス公]]に叙爵したが、翌[[1699年]]に夭折した。他の継承者候補にはヨーゼフ・フェルディナントと同じく又甥に当たるアンジュー公フィリップ(後のフェリペ5世、ルイ14世と異母姉[[マリー・テレーズ・ドートリッシュ|マリア・テレサ]]の孫)と、母方の従弟に当たるカール大公(後の[[カール6世 (神聖ローマ皇帝)|カール6世]]、レオポルト1世の次男)がいた。
 
1700年、カルロス2世はスペイン王位をアンジュー公フィリップに譲ると表明して死亡し、スペイン・ハプスブルク家は断絶した。[[1701年]]2月にルイ14世は[[高等法院 (フランス)|パリ高等法院]]にスペイン王位継承権執行を命令する。以後、[[スペイン・ブルボン朝|スペイン・ブルボン家]]は現代の[[フアン・カルロス1世 (スペイン王)|フアン・カルロス1世]]の時代まで続くスペイン王家となった。
 
しかしこの王位継承を巡って[[スペイン継承戦争]]が勃発する。この戦争は[[1714年]]に終結するが、スペイン領であった[[南ネーデルラント]]を巡ってはルイ14世の曾孫[[ルイ15世 (フランス王)|ルイ15世]]の時代まで紛糾が続くことになる。
匿名利用者