「日祐」の版間の差分

編集の要約なし
{{otheruses|人物法華経寺3世|小西壇林開壇|日祐 (小西壇林)|佐賀県のスーパーマーケット|日祐 (スーパー)}}
 
'''日祐'''(にちゆう、[[永仁]]6年([[1298年]]) - [[応安]]7年/[[文中]]3年[[5月19日 (旧暦)|5月19日]]([[1374年]][[76729日]]))は、[[鎌倉時代|鎌倉]]・[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の[[日蓮宗]]の[[僧]]。[[千葉胤貞]]の[[猶子]]<!--<ref>正東山古文書</ref>千葉宗胤の没年は、永仁2年(1294年)になっています。-->。[[下総国]]の出身。号は浄行院。
 
== 概要経歴 ==
[[千葉氏]]一族の子と伝えられ、千葉胤貞の[[猶子]]となる。胤貞の庇護下にあった[[日高 (僧)|日高]]に師事し、[[正和]]3年([[1314年]])中山本妙寺兼若宮法花寺(現在の[[法華経寺]])3世貫首となった。千葉胤貞流の[[千田氏]]・[[九州千葉氏]]の[[外護]]を受けて、[[房総]]を中心として[[勧進]]・[[結縁]]活動にあたり、[[日本寺 (多古町)|日本寺]]をはじめ、[[千田荘]]・[[八幡荘]]・[[臼井荘]]の各地に寺院を建立する<ref>『中山法華経寺文書』 元徳3年9月4日付 千葉胤貞譲状</ref><ref>『中山法華経寺文書』 観応3年4月25日付 千葉胤継寄進状など</ref>。また、[[富木常忍|日常]](法華経寺初代)・日高(法華経寺2世)が遺した[[日蓮]]真蹟である遺文の保存・整理に努め、更なる蒐集に努めた。また、毎年のように[[久遠寺]]の日蓮墓所に参詣を行い、[[天皇]]及び[[征夷大将軍|将軍]]([[室町幕府]])への奏聞のためにたびたび[[上洛]]を行う。更に千葉胤貞が[[肥前国]][[小城郡]]に所領を持つと、現地に赴いて[[光勝寺]]の[[開山]]となった。更に[[法華経]]の転読・写経の繰り返しや日蓮の教義に対する研究を深めて、『問答肝要抄』『宗体決疑抄』などを著した。墓所は中山法華経寺。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
== 参考文献 ==
*高木豊「日祐」『国史大辞典 11』[[吉川弘文館]]、[[1990年]] ISBN 4642005110
*千野原靖方『千葉氏 鎌倉・南北朝編』[[崙書房出版]]、[[1995年]] ISBN 4845510154
*市古貞次『国書人名辞典 3』[[岩波書店]]、[[1996年]]
 
{{DEFAULTSORT:にちゆう}}
59

回編集