「大国主の神話」の版間の差分

 
===根の国訪問===
オオナムヂが根の国のスサノオの家までやって来ると、スサノオの娘の[[スセリビメ]](須勢理毘売命)が出て来た。2は互いに見つめ合い一目惚れした。スセリビメが父のスサノオに「とても立派な神が来られました」と報告すると、スサノオは呼び入れて、蛇がいる室(むろや)に寝させた。スセリビメは「蛇の比礼(ひれ:女性が、結ばずに首の左右から前に垂らす[[スカーフ]]の様なもの)」をオオナムヂにさずけ、蛇が食いつこうとしたら比礼を三度振るよういった。その通りにすると、蛇は自然と鎮まったので、オオナムヂは無事に一晩寝て、室を出ることができた。次の日の夜、スサノオはオオナムヂをムカデと蜂がいる室で寝させた。スセリビメは「ムカデと蜂の比礼」をさずけたので、オオナムヂは無事に室を出ることができた<ref>戸部民夫 『日本神話』 82-84頁。</ref>。
 
スサノオは鳴鏑(なりかぶら)を広い野原の中に射込み、その矢を拾ってくるようオオナムヂに命じた。オオナムヂがその野原に入ると、スサノオは火を放ってその野原を焼き囲んだ。オオナムヂが困っていると鼠が来て、「内はほらほら、外はすぶすぶ」(穴の内側は広い、穴の入り口はすぼまって狭い)といった。その意味を解してオオナムヂがその場を踏んでみると、地面の中に穴が空いていて、そこ落ちて隠れることができ、その間に火が過ぎていった。その鼠はスサノオが射った鳴鏑を咥えて持って来た。スセリビメはオオナムヂが死んだと思って泣きながら葬式の準備をしていた。スサノオはさすがにこれで死んだだろうと思って野原に出てみると、そこに矢を持ったオオナムヂが帰って来た<ref>戸部民夫 『日本神話』 84-87頁。</ref>。
オオナムヂはこの隙に逃げようと思い、スサノオの髪を部屋の柱に結びつけ、大きな石で部屋の入口を塞いだ。スサノオの大刀と弓矢、スセリビメの琴を持ち、スセリビメを背負って逃げ出そうとした時、琴が木に触れて鳴り響いた。その音でスサノオは驚き、部屋の柱を引き倒してしまった。しかし、スサノオが柱に結びつけた髪を解いている間に遠くへ逃げることができた<ref>戸部民夫 『日本神話』 88頁。</ref>。
 
スサノオは黄泉津比良坂まで追いかけたが、そこで追いかけるのをやめ、遠くに逃げるオオナムヂにいった。「お前が持っている大刀と弓矢で従わない八十神たちを追い払え。そしてお前が大国主となって、スセリビメを妻として、立派な宮殿を建てて住め。この野郎め」。大国主出雲へ戻ったオオナムヂスサノオから授かった太刀と弓矢を持って、八十神を坂の下や川の中へ切り倒し突き落とし一柱残らず亡ぼし。そして国の主・大国主となって、宇迦の山の下に御殿追い払い建ててスセリビメと暮らし、国づくりを始めた<ref>戸部民夫 『日本神話』 90-92頁。</ref>。
 
ヤガミヒメは本妻のスセリビメを恐れ、[[木俣神|オオナムヂとの間に生んだ子]]を木の俣に刺し挟んで実家に帰ってしまった<ref>戸部民夫 『日本神話』 92頁。</ref>。
匿名利用者