「大国主の神話」の版間の差分

スサノオは葦原色許男神を家に入れ、頭の虱を取るように言った。ところが、その頭にいたのはムカデであった。スセリビメは椋(むく)の実と赤土を葦原色許男神にさずけた。葦原色許男神が木の実を噛み砕き、赤土を口に含んで吐き出していると、スサノオはムカデを噛み砕いているのだと思い、かわいい奴だと思いながら寝入ってしまった<ref>戸部民夫 『日本神話』 87頁。</ref>。
 
葦原色許男神はこの隙に逃げようと思い、スサノオの髪を部屋の柱に結びつけ、大きな石で部屋の入口を塞いだ。スサノオの大刀と弓矢、スセリビメの琴を持ち、スセリビメを背負って逃げ出そうとした時、琴が木に触れて鳴り響いた。その音でスサノオは驚き目を覚ましたが髪が部屋の柱に結びつけられていたのに気付かなかったので柱を引き倒してしまった。しかし、スサノオが柱に結びつけたから髪を解いている間に、大刀と弓矢と琴を持ちスセリビメを背負った葦原色許男神は遠くへ逃げることができた<ref>戸部民夫 『日本神話』 88頁。</ref>。
 
スサノオは、[[葦原中津国]](地上)とつながっている黄泉比良坂(よもつひらさか)まで追いかけたが、そこで追いかけるのを遠くに逃げる葦原色許男神に言った。「お前が持っている大刀と弓矢で従わない八十神を追い払え。そしてお前が大国主となり、また宇都志国玉の神になって、スセリビメを妻として立派な宮殿を建てて住め。この野郎め」。葦原色許男神は出雲国へ戻って大国主となりスサノオから授かった太刀と弓矢を持って、八十神を山坂の裾に追い伏せ、また河の瀬に追い払い、全て退けた。そしてスセリビメを正妻にして、宇迦の山のふもとの岩の根にしっかりと宮柱を立て、高天原に届く様な立派な千木(ちぎ)のある新宮を建てて住み、国づくりを始めた<ref>戸部民夫 『日本神話』 90-92頁。</ref>。
 
ヤガミヒメは本妻のスセリビメを恐れ、[[木俣神|オオナムヂとの間に生んだ子]]を木の俣に刺し挟んで実家に帰ってしまった<ref>戸部民夫 『日本神話』 92頁。</ref>。
匿名利用者