「マツバラン目」の版間の差分

編集の要約なし
'''マツバラン目'''(マツバランもく、''Psilotales'')は[[シダ植物]]の分類群。[[マツバラン科]]と[[イヌナンカクラン科]](マツバラン科に含めることもある)からなる。日本には[[マツバラン]]1種のみが自生する。
 
[[]]と明確な[[葉]]がなく、地下部は枝分かれした[[地下茎]]からなる。[[葉]]はなく地上部は[[茎]]が二又[[分枝 (生物学)|分枝]]しながら伸び、[[胞子嚢]]をつける。ただし、茎には短い針状の突起があり、これを葉の一種と見る向きもある。イヌナンカクラン科では先端の茎が扁平で、葉のように見える。
 
従来の形態学的研究からは、分類学的位置は明確でなかった。原始的な[[維管束植物]]とされる[[化石]]植物の[[リニア属]](''Rhynia'')に近縁と考えられたこともある。そのため、リニアやそれに類する植物を[[古生マツバラン類]]と呼んだこともある。
28,698

回編集