「片岡仁左衛門 (11代目)」の版間の差分

m
m (→‎芸風: typo)
どの役も至芸と呼ばれるもので、文字通り一代の名優だった。[[三宅周太郎]]の『片岡仁左衛門』の中に、[[尾上菊五郎 (6代目)|六代目尾上菊五郎]]のことばとして、「團菊没後の本当の名人は十一代目仁左衛門だよ」と記されている。[[岡本綺堂]]は『妹背山』の大判事を評して「いざ段切れのノリになって『倅清舟承れ』以下となると、そのめりはりのうまいいいノドは歌舞伎座の隅々迄鳴り響いた」(大正6年3月)と絶賛している。
 
狂言作家の[[食満南北]]は、その著書『作者部屋から』の中で十一代目と鴈治郎の興味深い比較をしている:「仁左衛門は初日の巧い役者であった。そうして、だんだん舞台に飽きてきて、遂に餅も下げもならぬものにしてしまった。鴈治郎は初日より二日目、二日目よりより三日目、だんだん研究して飽くことをしらなかった。仁左衛門は稽古にすこぶる丁寧で舞台はやや粗雑であった。鴈治郎は稽古はどちらかというと嫌いの方だが、舞台では丁寧であった」(昭和19年、宋栄堂、新字体現代仮名遣いに置換)
 
なお十一代目は自らの得意芸を選び「[[片岡十二集]]」にまとめている。<!--
42,498

回編集