「張邈」の版間の差分

m
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ca:Zhang Miao)
 
== 生涯 ==
「[[董卓]]伝」の引く『漢末名士録』や『[[後漢書]]』の「党錮伝」によると、漢の[[八俊]](八厨)の一人であったとある。若い頃から男伊達で気前がよく、困っている者を救うための散財を惜しまなかった。[[曹操]]や[[袁紹]]と親友のように仲が良かった<ref>袁紹とは、[[許攸]]、[[何ギョウ|何顒]]、[[伍瓊]]達と共に「奔走の友」と呼ばれる契りを結び(「袁紹伝」)、曹操とは、互いが死んだ時に家族の面倒を見る事を約束するほどに仲が良かった。現に193年に曹操が徐州討伐に向かったときに、家族に「わしに万が一もしものことがあれば、孟卓(張邈)を頼れ」と述べている。</ref>。
頭脳の明晰さと徳行で官界に知られるようになった。三公の府に招聘を受け、成績優秀という評価を受け、[[騎都尉]]を務めた後、[[董卓]]の名士優遇策の一環として、陳留郡の太守に任命された(「董卓伝」)。
 
これ以前、袁紹は、董卓を討つべく集まった諸侯に対して奢ったふるまいを見せた事があった。張邈は袁紹に、己の振る舞いを改めるよう諫めたが、逆に袁紹の怒りを買って殺されそうになった。この時、曹操が袁紹にとりなしたため、危うく難を逃れている。張邈はこの事を知ると、曹操に恩義を感じた。
 
長安で勃発した政変の結果、董卓の部下である[[李カク (後漢)|李{{lang|zh|傕}}]]達に敗れて落ち延びてきた呂布は袁紹の下に身を寄せたが、諍いを起こし、袁紹の下から立ち去った。その後、張邈は呂布と親交を結ぶのだが、それが原因で袁紹の不興を買ってしまう。その後、呂布は[[張楊]]の下に身を寄せた。張邈はいつか、曹操が袁紹との友情を優先して、自分を殺すのではないかと、曹操に疑念を抱くようになった。
 
興平元年([[194年]])、再び曹操は[[徐州]]の[[陶謙]]を攻めるために本拠を留守にした。張邈は曹操の部将の[[陳宮]]から、「今こそ曹操の領地を奪う好機」と唆され、また、曹操と不仲だった弟の張超にも諭され、彼らと結託して呂布を迎え入れ、曹操に対し反乱を起こす。
2,672

回編集