「高木正成」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''高木 正成'''(たかぎ まさなり、[[天正]]15年([[1587年]]) - [[寛永]]12年[[3月11日 (旧暦)|3月11日]]([[1635年]][[4月27日]]))は、[[安土桃山時代]]の[[武将]][[江戸時代]]初期の[[大名]]で[[河内国|河内]][[丹南藩]]の第2代藩主。
 
初代藩主・[[高木正次]]の長男。母は[[大久保忠佐]]の養女。正室は[[山口重政]]の養女(竹田某の娘)。子に[[高木正弘]](長男)、[[高木正好]](次男)、高木正房(三男)、娘([[渡辺吉綱]]正室)、娘([[丹羽氏定]]正室)、娘(設楽貞辰室)。幼名は善次郎。官位は従五位下、[[主水正]]。
 
天正15年(1587年)、[[近江国|近江]]にて生まれる。[[慶長]]3年([[1598年]])より[[徳川氏]]に仕え、慶長5年([[1600年]])の[[関ヶ原の戦い]]では父とともに[[信濃国|信濃]][[上田城]]の[[真田昌幸]]を攻めた。慶長19年([[1614年]])、[[大坂冬の陣]]に従軍して戦功を挙げ、[[上総国]]内に1000石を与えられた。翌年の[[大坂夏の陣]]においても天王寺口で戦い、戦傷を負いながらも武功を挙げたため、さらに1000石を加増された。寛永7年([[1630年]])、父の死去によりを継ぐ。このとき、先の2000石を長男の正弘と次男の正好に分与している。
 
[[小田原城]]守衛や御書院番頭などをめたことから上総国内に3000石を加増され、後に[[大番頭]]にもなった。寛永12年(1635年)3月11日、49歳で死去し、を長男の正弘が継いだ。
 
{{丹南藩主|2代|1631- 1635}}
 
{{デフォルトソート:たかき まさなり}}
[[Category:高木氏|まさなり]]
[[Category:戦国武将|たかきまさなり]]
[[Category:江戸の大名丹南藩主|たかきまさなり*02]]
[[Category:譜代大名|たかきまさなり1587年生]]
[[Category:15871635生|たかき まさなり]]
[[Category:1635年没|たかき まさなり]]
匿名利用者