「神武天皇即位紀元」の版間の差分

m (r2.6.5) (ロボットによる 変更: jv:Pananggalan Jepang)
 
== 概説 ==
神武天皇即位紀元は、キリスト紀元([[西暦]])より660年大きな値(キリスト紀元X年+660年=神武紀元Y年)となる。このずれは年により変わることは無く一定である。例えば、西暦[[2011{{CURRENTYEAR}}年]]は皇紀2671{{#expr:{{CURRENTYEAR}}+660}}年となる。
 
国家の紀元を神武天皇の即位に求めることは、[[古代]]の『[[日本書紀]]』編纂以来、一般的な認識であった。これを暦法に応用した皇紀の使用は、[[江戸時代]]後期の[[1840年代]]から[[1860年代]]にかけて、[[藤田東湖]]など[[国学]]者が用いた事が始まりである。当時の国学者は、[[アヘン戦争]]が勃発した西暦[[1840年]]を「紀元2500年」というように呼んでいた。しかし、[[江戸幕府|政府]]の公文書は[[干支]]と[[元号]]を併用しており(例:天保11年[[庚子]][西暦1840年])、皇紀は使用されなかった。
匿名利用者