「小野寺秀和」の版間の差分

画像
(画像)
(画像)
[[ファイル:Onodera junai Hidetomo shading his eyes.jpg|thumb|180px|『誠忠義士傳 小野寺十内秀和』([[歌川国芳]]画)]]
[[ファイル:Femme-47-ronin-seppuku-p1000701.jpg|thumb|180px|『誠忠義士傳 斧寺十内妻』([[歌川国芳]]画)]]
'''小野寺 秀和'''(おのでら ひでかず、('''十内''' じゅうない)[[寛永]]20年([[1643年]])- [[元禄]]16年[[2月4日 (旧暦)|2月4日]]([[1703年]][[3月20日]])))は、[[赤穂浪士]]四十七士の一人。[[赤穂藩]]では京都留守居番(150石役料70石)の地位にあった。父は[[小野寺又八]]。母は[[多川九左衛門]]女。弟に[[岡野包住]](四十七士[[岡野包秀]]の父)。姉に[[貞立尼]]([[大高忠晴]]の室。[[大高忠雄]]と[[小野寺秀富]]の母)がいる。また[[間瀬正明]]・[[間瀬正辰|正辰]]父子、[[中村元辰]]なども小野寺家の縁戚。雅号は、'''里竜'''、'''悦貫'''。[[本姓]]は[[藤原氏]]。[[家紋]]は木瓜。
 
5,134

回編集